自宅で地酒を楽しむ。きっと自分好みが見つかる日本酒飲み比べセット

お酒

自宅で地酒を楽しむ

日本酒ってこんなに味わい深い。味の違いが楽しめる飲み比べセット

日本酒にもいろいろありますが、味だけでなく香りや口当たり、後味と違いがあっておもしろいですよね。
特に地酒は、その土地に根付いたこだわりの作り方をしているところが多いんです。
でも、現地に行かないと購入が難しい地酒も多くあります。そんな時は、旅行気分で楽しめる地酒セットはいかがですか?

神奈川県の小さな酒造、「瀬戸酒造店」の飲み比べセットなら、お家から簡単に購入できちゃいますよ。

美味しい地酒をちょっとずつ楽しめる。日本酒飲み比べセット

日本酒飲み比べセット

日本酒は種類がとってもたくさんあって、どれを選べばいいのか迷ったり分からなくなったりしがちですよね。
飲み比べセットであれば、お店おすすめの美味しい商品からいくつかを味わえます。
同じ酒造のお酒でも、原材料や作り方が違えば味も変わり、いろいろな発見ができて楽しいですよ。

ちょっとずつ味比べできるところは、初心者にもうれしいポイント。
今日は何を飲もう?と気軽に選べる楽しさもありますね。

酒造りの伝統と地元を大切に。瀬戸酒造の3つのこだわり

瀬戸酒造

瀬戸酒造は1865年創業の酒蔵。
1980年に自家醸造を一時中断していましたが、地元の美しい田園風景に魅せられて2018年から38年ぶりに再開。

地元でとれた素材を活かし、伝統的な方法で作ったお酒をより多くの人に楽しんでほしいという想いからこだわりを持ってお酒を造っているんですよ。

【手間を惜しまない】

全てのお酒が、麹造りの過程も、人の手によって作られています。
たくさんの量を作るよりも、人の手がかかって丁寧に作られているんです。

【良い素材】

お酒を仕込む水には、丹沢山水系の深層地下水を使用。
おいしいお水を使っているから、雑味の少ないお酒に仕上がるんです。

【昔ながらの製法】

お酒造りづくりに欠かせない酒米を蒸す工程で、昔ながらの蒸し器を使っています。
そのおかげで、日本酒にピッタリな状態に蒸すことができるんですよ。

瀬戸酒造の新しい3つのシリーズ

酒造再開後にできた新しいお酒は、セトイチ、あしがり郷、酒田錦の3種類。

【セトイチ】

セトイチ

瀬戸酒造の技術を結集した商品。セトイチには8種類の味があり、空のように澄み切った色のものや、奥深いコクのあるもの、生命力を感じるような力強い味など個性豊か。飲めばその違いに感動するでしょう。

【あしがり郷】

あしがり郷

酒造元開成の町花でもあるあじさいから酵母を採取した作られたお酒。まるでワインを飲んでいるような爽やかな酸味と、美しい味が特徴です。

【酒田錦】

創業当初期につくられた銘柄の酒田錦を復刻。しっかりとした味わいで食事との相性がバッチリです。

今回ご紹介する飲み比べセットでは、セトイチから5種類、あしがり郷から1種類の6本がセットになっていますよ。

飲み飽きしないから初心者におすすめ。セトイチ「いざ」

セトイチ「いざ」

じっくりと仕込みを行い、杜氏の「いざ」という気持ちを込めて送り出されました。
穏やかでありながら、力強さと華やかさを感じられる、いつまでも飲んでいたくなるような味わいです。大切な人と飲み明かしたい時や、少し勇気を出したいときにおすすめですよ。
四号では足りないと、一升瓶での要望が多かったというのも人気の表れですね。
飲み比べを行う時は、神奈川名物シュウマイをお供にいかがでしょうか。

タイプ :純米吟醸酒 [生貯蔵酒]
原材料名 :米(国産) 米麹(国産米)
アルコール分:16度

寒い時期にはコレ。セトイチ「音も無く」

セトイチ「音も無く」

寒い冬は体だけではなく心まで寂しくなってしまいます。そんな時こそ日本酒で温まってほしいと願い作られました。
口当たりが滑らかで、爽やかな香りが特徴です。一口飲むと、まるでストーブで温まっているような優しく幸せな気持ちになることでしょう。
しっかりした味わいはお肉との相性も抜群。相州牛を使ったすき焼きと一緒に味わってみませんか。

タイプ :純米吟醸酒 [生貯蔵酒]
原材料名 :米(国産) 米麹(国産米)
アルコール分:16度

気分を高めたり、楽しく飲みたい時はセトイチ「ぴいひゃら」

セトイチ「ぴいひゃら」

お祭りのにぎやかなイメージがぴったりの日本酒。一口飲めば元気がでて、軽快に踊りたくなります。スッキリとした口当たりで、和食はもちろんハムや馬刺しなどのおつまみが合いますよ。飲み比べセットの中では若く華があるお酒です。

タイプ :純米吟醸酒[生貯蔵酒]
原材料名 :米(国産) 米麹(国産米)
アルコール分:15度

混じりっ気なしの原酒。贅沢なセトイチ「手の鳴る方へ」

セトイチ「手の鳴る方へ」

昔ながらの伝統技法を使って作られているお酒です。手間暇をかけてじっくりと作られているため、原酒のまま味わえます。スッキリとした後味と、奥深い日本酒の風味が魅力。飲み比べをするのであればコトコト煮込んだ魚の煮つけはいかがでしょう。特別な日のご褒美や、幸福を感じたい日にどうぞ。

タイプ :純米吟醸原酒 [生貯蔵酒]生酛造り
原材料名 :米(国産) 米麹(国産米)
アルコール分:17度

友人と飲むならセトイチ「はるばる」

セトイチ「はるばる」

日本酒を飲みながら友達と過ごしたくなったらセトイチ「はるばる」がおすすめ。軽くて爽やかな香りと、奥深い味わいになっています。ずっと眺めていたくなるほどの美しい風景をイメージしながら名前がつけられました。
しばらく会っていない友人と一緒に、それぞれに飲みながら過ごしたい飲み比べセットです。
神奈川名物しらす丼と合わせれば、身も心も幸せに包まれるはず。

タイプ :純米吟醸酒 [生貯蔵酒]
原材料名 :米(国産) 米麹(国産米)
アルコール分:15度

あじさい酵母のお酒。あしがり郷「風の道」

あしがり郷「風の道」

瀬戸酒造のある町のシンボルとも言えるあじさいの酵母からできた日本酒。自然豊かな景色や、田園を抜ける風をイメージして作られました。
味は暑い季節にぴったりな爽やかさ。フルーティーな香りなので、さっぱりとした魚料理やサラダによく合います。神奈川県箱根の名物「黒たまご」と合わせるのもおすすめです。

タイプ :純米吟醸酒 [生貯蔵酒]
原材料名 :米(国産) 米麹(国産米)
アルコール分:15度

“日本酒ハイボール”で、お酒をもっと楽しむ

いつもと違うお酒の楽しみ方をしてみたいなら、“日本酒ハイボール”はいかがでしょう。作り方は、日本酒をソーダと氷で割るだけ。お酒の香りや風味をソーダが引き立てて、今までにない爽快さが感じられます。

日本酒ハイボールを入れるグラスには、丈夫で透明度の高い樹脂素材にこだわった食器ブランド「Plakira(プラキラ)」の双円カラータンブラーがおすすめです。

日本酒ハイボール

タンブラーのくぼみが目安になるので日本酒ハイボールが作りやすいですよ。耐熱性素材で割れにくく、見た目もおしゃれなので、お酒以外のドリンクを入れて普段使いできます。

日本酒ハイボールにぴったり。Plakiraの割れないハイボールグラスはこちら。

お家にいながらまるで旅行気分。地酒をもっと楽しもう

瀬戸酒造店のセット飲み比べセットがあれば、日々の晩酌がまるで旅行地で過ごしているような特別な時間に感じられるかもしれません。自分用にはもちろん、ギフトとしてもおすすめ。里帰りできない方のために帰省気分をプレゼントするのもいいですね。産地に思いを馳せながら、美味しい日本酒を楽しみませんか?

関連記事

PICK UP