毎年忙しい年末になっていませんか?

テーブルウェア

お正月の由来

毎年のように準備をしているのに、いつも慌ただしくしてしまいがちなお正月の準備。年末年始のお休みに入っても、平日と同じくらいハードなスケジュールになりがちですよね。

そもそもお正月は、どうしてこんなに色々な準備が必要なのでしょう。
当たり前と思っていたお正月について知って、余裕のある新年の準備を始めていきませんか。

お正月の由来は?年神様って?

昔から元旦には、それぞれの家庭にその年の幸福をもたらしてくれる「年神様」が訪れるとされています。

子孫繫栄や五穀豊穣に関わる年神様をお迎えし、多くの幸せを授けてもらうためにお正月の行事や風習が作られました。

年末のいろいろな準備は、私たちが新しい1年も健康で幸せに暮らせるように、年神様をおもてなしするためのものなんです。

お正月の準備を始めるのはいつから?

お正月の準備はいつから始めるとスムーズなのでしょうか。実は「正月事始め」という、目安となる日が決められているんです。
それが12月13日。江戸城のすす払いもこの日に行われたことから、各家庭でも大掃除を始めていたそうです。

これくらいから少しずつ準備を始めると余裕があり、今までよりも年末を緩やかに過ごせるのではないでしょうか。
忘れそうという人は、年賀状の受付開始が12月15日なので、それを目安にしておくといいかもしれませんね。

まずはここから!大掃除のポイント

大掃除のポイント

高田耕造商店 暮らしに寄り添う しゅろのやさしいほうきはこちら。

お正月の準備で一番時間が掛かるのが大掃除ではないでしょうか。
事始めの日から計画的に少しずつ進めていくのが理想ですが、なかなかそうはいかない事も。
押さえておきたいポイントを確認しておきましょう。

まず、普段の掃除では行き届かない、天井や家具の上など高い所、家具の裏や壁とのスキマなどを重点的に綺麗にしていきましょう。

忙しくて大掃除の時間が取れないという時は、とりあえず水回りをきれいにするだけでも雰囲気が変わってきます。
全ての水回りに手が回らないときは、洗面所とトイレだけでも丁寧に掃除するとお正月に来客があったときも安心です。

また、大掃除で出たゴミを出せずに新年を迎えることの無いよう、年内の収集日を確認しておきましょう。

お飾りを出す28日までに終わらせるとその他の準備がスムーズです。

お飾りは何を、いつ用意する?

お飾り 正月

お飾りは地域や家庭によって多少の差はありますが共通しているのは以下の3つです。
・門松
・しめ飾り
年神様をお迎えするための目印です。
・鏡餅
年神様へのお供え物です。

どちらも29日と31日を避けて、28日に飾るのが良いと言われています。

おせちと食器の準備

おせちはもともとお正月だけのものではなく、「御節供」と言って節目ごとの神様へのお供えでした。家族の幸せな1年を祈って、一つひとつの食材に意味が込められています。
そんなおせちを新しい箸や特別な器で食べれば、心機一転、新しい年も健やかに過ごせそうですよね。

【STIIK 天然竹製の箸2膳セット】

おせちと食器

写真提供/@_chunk99_

少し長めのスタイリッシュな高級感のあるお箸。色も4色あり、和食だけでなく洋食にも違和感がありません。

STIIK 天然竹製の箸2膳セットはこちら。

taffeta 天然木のサラダボウル角/ラバーウッドはこちら。

woodpecker いちょうの木のまな板(持ち手付中サイズ)はこちら。

【KURA 箸や食器をひきたてるシンプルな箸置き(5本セット)】

KURA 箸置き

磁器製のシンプルな箸置きは、高級感のある仕上がりでお箸や食器を引き立てます。しっかりした重量感もあり、使いやすいですよ。

これらを用意して、ぜひ素敵なお正月を迎えてくださいね。

KURA 箸や食器をひきたてるシンプルな箸置き(5本セット)はこちら。

お正月の準備を楽しんで

毎年なんとなく行っているお正月の準備も、由来を知ると少し頑張ってみたくなりますよね。

今年は少しだけ早めに準備して、ゆったりとしたお正月を迎えてみませんか。

関連記事

PICK UP