ゆったり過ごすリビングに。おしゃれで機能的なICHIBAのLOTUSサイドテーブル

家具

ICHIBAのLOTUSサイドテーブル

いつもそばに置いておきたくなる。おうち時間にちょうどいい家具

在宅ワークや外出自粛で増えた“おうち時間”。リビングでソファに座ってパソコン作業をしたり、テレビを見ながらティータイムを楽しむ機会も多くなったのではないでしょうか。そんなとき、あると便利なのがサイドテーブル。どこでも簡単に移動できて、自分の手が届くところにバソコンやティーセットを置くことができます。「ICHIBA(イチバ)」のスタイリッシュで機能的なサイドテーブル/LOTUS Side Tableは、おしゃれなだけではなく、機能も十分に備わっていますよ。

リビングに一つ

リビングに一つ。あると便利なサイドテーブル

家具を購入するときは優先順位が低くなりがちなサイドテーブルですが、実は暮らしをぐっと便利にしてくれるアイテムなんです。

【物がとりやすい】

一番のメリットは、好きなところに移動して物を置けること。部屋から部屋へも移動させられます。
また、ソファの座面は深く沈みこむ材質の場合、ローテーブルに置いたものを取ろうとすると、屈みこむ必要がありますが、ローテーブルの場合は、ソファに座ったままの姿勢でものが取れますよ。

【空間が広く見える】

お部屋を広く見せたいなら、ローテーブル代わりにサイドテーブルを置いても。使えるスペースが広くなり、掃除もしやすくなります。

ずっと使えるサイドテーブルの選び方

せっかく購入するなら、長く使えるものを選びたいですね。ここではサイドテーブルの選び方をご紹介します。

【高さ】

座ったとき、立ったとき。それぞれものが取りやすい高さがベスト。
肘掛け付きのソファを使っている場合は、物を取るときに肘掛けが邪魔にならないかどうかもチェックが必要です。

【収納】

見せる収納ができるタイプ、隠す収納ができるタイプなどがあります。天板の下にごみ箱を収納できるものは、スペースを節約できて便利です。

【組み立て】

組み立てが不要なもの、もしくは簡単に組み立てられるものがおすすめ。女性一人でも力がいらず、簡単に組み立てられれば、届いてすぐ使えます。

【素材やカラー】

お部屋のインテリアに馴染むサイドテーブルを選ぶには、素材やカラーを意識しましょう。ソファなど、すでにお部屋にある家具と共通点があるものを選ぶと統一感がでます。

使い勝手のよさが魅力。ICHIBAのLOTUSサイドテーブル

丸い天板にCの形をした土台

ICHIBAのLOTUSサイドテーブルは個性的なデザイン。

丸い天板にCの形をした土台。カーブを描く脚。これが使いやすさの秘密なんです。

天板下から土台までは53cmと、十分な高さなのでソファに差し込んで使うことができます。土台に切り込みが入っているから、ぐっと引き寄せても、ソファの脚にぶつかりません。

天板は直径40cm。PCを載せて作業したり、二人分のティーカップを置いてもゆとりがありますよ。

土台の真ん中には約28cmの穴が開いているので、見せる収納として使用可能。底が円になっているかごや、ごみ箱と組み合わせて収納スペースとして活用できます。

豊富なカラーが嬉しい

LOTUSサイドテーブルの美しい曲線は、個性的でありながらどんなお部屋にも馴染みます。カラー展開も豊富なので、インテリアに合わせて選べますね。

届いてすぐ使える。付属の六角レンチで組み立て可能

組み立て工程が簡単なのも嬉しいポイント。工具の扱いが得意でない方でも、組み立てられるよう付属の六角レンチのみで組み立てが完了するようになっています。
15分あれば組み立てられるので、届いてすぐに使えますよ。

リビング以外にも。サイドテーブルの使い方

サイドテーブルの使い方

どこにでも運びやすいサイドテーブルは、1つあるといろんなシーンで活躍してくれます。例えば、観葉植物を置くプランツテーブルに。おうちにある植物もLOTUSサイドテーブルに置けば、おしゃれ度がアップしますよ。また、出入口付近に置いてアルコールを置く使い方も。スペースをとらず、出入りするときにサッと消毒できます。

暮らしに寄り添う、おしゃれなLOTUSサイドテーブル

おしゃれなLOTUSサイドテーブル

リビングでほっとくつろぐ時間。おしゃれなサイドテーブルがあれば、もっと快適なおうち時間になりますよ。
お部屋の雰囲気にぴったり合うカラーを選んで、サイドテーブルのある暮らしを始めてみませんか?

関連記事

PICK UP