ダイニングテーブルにもこだわりを。失敗しない選び方

インテリア雑貨

ダイニングテーブルの失敗しない選び方

使いやすさは人それぞれ。ダイニングテーブル選びの大切なポイントは?

ダイニングの主役となるダイニングテーブルは、毎日使うものなのでこだわりたいもの。
素敵な空間にするためにはデザインも大事ですが、ダイニングの広さや使う人数など、ご家庭によっても使いやすい大きさは異なります。

また、テーブルだけではなく、組み合わせるイスの種類も大切なんです。定番の背もたれのあるチェアはもちろん、ベンチタイプなど、合わせるアイテムもさまざまです。

どのようなダイニングを作りたいのか、どんな風に過ごしたいのかをイメージしながら、ダイニングテーブルを選ぶ過程も楽しんでみませんか。

まずは理想のダイニングをイメージ。どのようなテーブルを置きたいか想像して

ダイニングテーブルを選ぶ際は、まずは置きたいテーブルのデザインをイメージしてみましょう。

ダイニング 統一感

具体的なイメージが湧かなければ、北欧風、シンプルモダン、明るい感じなど、どんな空間にしたいかのイメージでもOKです。
こうすることで、置きたいダイニングテーブルのイメージが湧きやすくなります。

また、テーブルの形もオーソドックスな長方形、少人数にぴったりな正方形、人数の変化に対応しやすい円形などいろいろなタイプがあります。
どのようにダイニングを使いたいのか具体的に想像すると、そこから形が絞り込めますよ。

ずっと過ごしたくなる。居心地のいいダイニングにするには

居心地のよいダイニング空間を作るには、既にある他の家具やインテリアとのバランスも考えることが大切。同じ素材や、同じトーンの色で揃えると統一感のあるおしゃれな空間になりますよ。

個性を出したいなら、あえて異なる素材を選んでみても。コンクリート調の無機質な空間に、温かみのある木製テーブルを合わせるといったように、意外性のある組み合わせが実はよく似合うということもあります。

居心地のいいダイニング

また、開放感を演出したいなら明るい色合いのものを、落ち着いたシックな空間にしたいなら、ダークな色合いのものがおすすめです。

失敗しないテーブルサイズの決め方

【人数から決める】

テーブルのサイズを決めるときは、まず何人で使うのかを考えましょう。一般的に、1人当たりのテーブルのスペースは、幅60cm×奥行40cmが理想とされています。これに使う人の人数をかければ、適したテーブルサイズがわかります。

【動線をふさがないかチェック】

また、実際に部屋にテーブルを置いたときに、動線をふさがないかということもテーブル選びでは重要。
背もたれのあるチェアにスムーズに座るためには、チェアを引くことも考えてテーブルからおよそ60cmの空間が必要です。さらに、その後ろを通るためには、60cmの幅を確保しておくとストレスなく動ける動線が作れますよ。

【狭い場合はチェアで調整】

もしもダイニングスペースが狭いという場合、テーブルを小さくするのではなく合わせるチェアで調節を。背もたれのないチェアや、ベンチなどにすると、イスの出し入れに必要なスペースが減るため、空間を約10cm節約できます。

ダイニングテーブルとイスの高さの関係

また、ダイニングテーブルとチェアの見た目はもちろん大切ですが、高さも意識して選びたいポイント。高さが合っていないと食事のときに落ち着けなくなってしまいます。同じシリーズをセットで揃える場合は心配いりませんが、テーブルとチェアをそれぞれ別で選ぶのであれば、高さもしっかりチェックしてください。

テーブルの天板と、チェアの座面はおよそ30cmの差があると、使いやすいサイズ感だとされています。置きたいテーブルや、チェアに合わせてなるべくぴったりなものを選ぶと、座っている時の違和感がありませんよ。

食事以外にもいろいろ使用できる

ワークスペース ダイニング

ダイニングテーブルは、食事のために使うのがメインですが、お茶をしながらゆったり過ごすなど、さまざまなシーンで使用することもできます。

また、食事の時以外にはワークスペースとしてパソコンで調べ物をしたり、勉強をするのもいいですね。また、広い天板を活かして、趣味などの作業スペースとしても使えます。

ダイニングテーブルは使用頻度が高く、長く使い続けていくもの。どのようなテーブルを選ぶのかによって、使い心地が変わるのでしっかり吟味しましょう。

ダイニングテーブル選びはサイズ感が大事

ダイニングは生活の中心になる場所。ダイニングテーブルとチェアはこだわって選びたいですよね。

また、大きな家具だからこそサイズ選びには特に慎重になるもの。自分に必要なスペースはどのくらいなのか、しっかりとシミュレーションして選ぶと失敗がありませんよ。ぜひ居心地のよいダイニング空間を作ってくださいね。

普段の食事タイムがおしゃれになるダイニングテーブルの記事はこちら。

ミドルプライスで買える、SIEVEのデント ダイニングテーブル

関連記事

PICK UP