自分にあったソファを探す。暮らしやすさを基準にした選び方

インテリア雑貨

自分にあったソファを探す

ゆったりとしたお家時間を過ごすために

お部屋でのんびり過ごすためにあるとうれしいソファ。でも、本当に自分に合ったものを探すとなるとちょっと難しそうですよね。

理想のソファを手に入れるための選び方を一緒に考えてみませんか?

まずはどのように使いたいかをイメージして

リビングなどでお部屋の主役になるソファは、使う目的によって選び方が異なってきます。

周りにスペースを確保するか、壁につけた形で置くかなど、お部屋の中でどのように配置するかイメージしてみましょう。

どのように使うのか、ある程度理想の形が決まったうえで、そのほかの要素を含めて詳しく検討していきます。

用途に合わせた種類とサイズで選ぶ

座面の幅が約60cm以上あるものがおすすめ

ソファには1人掛け用や2人掛け用の比較的コンパクトなものから、カウチタイプのような大きなものまで、たくさんの種類とサイズがあります。

ゆったりと座りたいのであれば、座面の幅が約60cm以上あるものがおすすめですが、目安は次の通りです。

【1人掛け用】

自分専用のくつろぎコーナーに

幅約60cmから90cm。自分専用のくつろぎコーナーにぴったり。

【2人掛け用】

1人でゆったりと使うのにもいい

幅約140cmから170cm。2人で座るのにはもちろんのこと、1人でゆったりと使うのにもいいですね。

【3人掛け用】

お部屋にぴったりのソファ

幅約170cmから200cm。お部屋の主役となるサイズです。

使い方に合わせたスペースの確保をした上で、お部屋のサイズに合うものを

本体のサイズはもちろん大切ですが、どのように使うのか、どこにどう配置するかも重要な要素。さらに、使い方に合わせた周囲のスペースも考慮しましょう。

ソファの前にテーブルを置きたい場合、ソファとの距離の目安は30cm以上です。

テレビの前に置くなら、画面からの距離は130cm以上離した方がいいでしょう。

どこに配置するとしても、人が通るためのスペースは必要です。家具と家具の間や、家具と壁の間をスムーズに行き来するためには、60cm以上の空間が必要です。

搬入できるか事前にしっかりと確認を

気に入ったものが見つかって、本体のサイズ自体はお部屋にはぴったりでも、いざ配送の際に部屋に搬入できなかったとなると悲しいですよね。

そうならないためにも、マンションであればエレベーター内や階段も含め、玄関からスムーズに入るか、設置するお部屋までの経路とスペースをしっかり確認しておきましょう。

特に曲がり角がある場合は、きちんと通れるかを想定した上での確認が必要です。

内部構造やクッション素材によって座り心地に違いが

ソファの座り心地や耐久性

ソファの座り心地や耐久性は、内部構造や座面に使われているクッションの素材によって違ってきます。

【内部構造】

・コイルスプリング
縦巻き状のスプリングで体重を均等に受けとめるコイルスプリングは、やや硬めの座り心地で耐久性が高いのが特徴です。

・ウェービングテープ
網目状のゴムベルトで支えるので、しなやかな弾力があります。

・S字ばねタイプ
波型のスプリングが横に連結したS字ばねタイプは柔らかい弾力で耐久性もあります。

【座面の素材】

・チップウレタン
チップ上のウレタンを圧縮したもので、密度と耐久性が高くへたりづらいです。

・フェザー
水鳥の羽根を使用したもので、優しくふわっとした座り心地が特徴。

・ウレタン
軽くてクッション性があります。ウレタンの密度が高くなると、硬さと耐久性が増します。

・シリコンファイル
フェザーに似た柔らかさがあり、耐久力にも優れた素材です。

表面の素材は通気性や防水性、素材の風合いも考えて

表面の素材は多種多様

表面の素材は多種多様。素材によって通気性や防水性などに違いがあります。

よく使われる牛革などの天然皮革は肌触りがとてもよく、耐久性や通気性が高い素材です。使っていく程に変化していく革の質感と色合いを楽しめます。

人工皮革のものは、見た目や質感は革によく似ていますが、革よりも安価で質感の変化があまりなく均一の色合いが特徴です。革同様、防水性に優れています。

ファブリックは使われている繊維で印象が大きく異なり、布ならではの素材感が楽しめます。通気性が高く、お手入れしやすいものも多くなってきました。

どのように使いたいかでデザインを選択

ソファの形はさまざま。お部屋の中でどのように使いたいかを考えて、それに合ったデザインを決めましょう。ベーシックな形をいくつかご紹介します。

・アームチェア
両側にひじ掛けが付いたタイプのソファ。ソファに横になる際は、ひじ掛けにクッションを置いて、枕のようにも使えます。

・ウッドフレームソファ
ソファのフレームが木製のもの。木の温もりが感じられ、背面から見たときにもおしゃれなデザインのものが多いです。

・ストレートソファ
その名の通りまっすぐな形のもの。オットマンと組み合わせることで、カウチソファのようにも使えます。

・カウチソファ
ストレートソファのどちらかのサイドに足を伸ばせる座面がついているタイプ。よりゆったりくつろげます。

・L字ソファ
複数の種類の形のソファをL字型に配置したもので、広いリビングにぴったり。

・オットマン
ソファの前に置き、伸ばした足を乗せるもの。ソファと離して置き、コンパクトな一人掛け用としても使えます。

・フロアソファ
脚がなく座面が低いので、和室にも合わせやすいデザインです。

カラーはお部屋のテイストに合わせて

お部屋にぴったりのソファ

カラーは選び方を迷ってしまう要素のひとつ。お部屋のテイストや、他の家具とのバランスを考えましょう。

木製の家具やインテリアを使ったナチュラルな雰囲気のお部屋なら白やベージュ、ブラウンなどの柔らかいカラーが合います。

お部屋全体がシンプルでモダンな雰囲気なら黒やグレーなど、落ち着いた色のものを合わせると、シャープにまとまりますよ。

お部屋にぴったりのソファで、お家時間をもっと楽しく

さまざまな要素からソファーの選び方のポイントをご紹介しました。

種類やサイズ、お部屋に合ったカラーをベースとして、実際にお部屋に入るのか、また、お部屋に置いたときの動線も含めて選ぶようにしましょう。

お部屋にぴったりのソファが見つかったら、お家時間がきっと楽しくなるはずです。

ノースモールではシンプルでお部屋に合わせやすい、上質なソファを取り扱っています。価格はミドルプライスでお値段以上の品質です。ぜひお気に入りのソファを見つけてくださいね。

ノースモールのソファはこちらから。

関連記事

PICK UP