正しいフレグランスのつけ方って?ちょうどいい香りをまとう方法

コスメ​

ちょうどいい香りをまとう方法

香りで自分らしさを演出。ふんわり香らせる上手な付け方

すれ違ったときや挨拶を交わしたにふんわりと良い香りがして、「素敵な人だな」と感じたことはありませんか。香りは人の記憶に強く残るもの。だからこそ、香水は慎重に選びたいですよね。自然に香って、好印象を持たれるような上手な香りのまとい方をご紹介します。

知って賢く使い分け。フレグランスの種類

香水には4つの種類があり、それぞれに特徴があります。

【パルファム】

香りの濃度が約15~30%と香水の中でも一番濃く、5~12時間も香り続けます。つける量は少なめがポイントです。

【オーデパルファム】

パルファムよりは控え目な香りですが、濃度は10~15%で、同じくらい持続します。フランス語の頭文字をとったEDPと表記されることもありますよ。

【オードトワレ】

濃度が5〜10%で、持続時間は2~5時間です。ほんのりと香るため、初めて香水を使う人や普段使いしたい人におすすめ。

【オーデコロン】

濃度は一番低い1〜5%で、持続時間は1〜2時間です。香りが軽いので、気分転換したいときなどに向いています。

濃度や持続時間はあくまでも目安で、メーカーによっては違う場合もあります。
特徴を知っていれば目的に合わせて使い分けられますよ。シーンによって種類を変えて楽しむのも良いですね。

フレグランスの形状も大切なポイント

香水やフレグランスの形状は、3つのタイプに分けられます。

香水やフレグランスの形状は、3つ

【スプレータイプ】

ビンやボトルに入った液体をシュッと噴射する一番ポピュラーなタイプ。一瞬のうちにいい香りをまとうことができます。

【ロールタイプ】

ロールを転がして肌に直につけます。周囲に香りが飛び散らないので、公衆の場でさっと付け直せるのがポイント。

【練りタイプ】

固さがあるバーム状の香水。指ですくって肌に塗りこみます。長く香りを楽しめて、乾燥ケアにも使えますよ。

香水はつける人によって香りが変わる?

香りはとてもデリケート。たとえ同じ香水でも、つける人の体温や体質、生活習慣などによって香りが変わってくるんです。

だから香水を選ぶときにはテスターで確かめるだけではなく、必ず自分につけてみて心地よいと思えるものを探しましょう。

香水はつけるタイミングが大切

香水は時間が経過するごとに香りが変化するのが特徴です。
一番香らせたい時間から逆算して、ちょうど良いタイミングで香水をつけられるように覚えておきましょう。

【トップノート】

つけてから10分くらいまでの香り。アルコールが飛ぶ前の香水そのままの、強く華やかな香りを楽しむことができます。

【ミドルノート】

30分後から3時間くらい。つけた人の肌の匂いと混じり合って、香りが一番本領を発揮する時間です。

【ラストノート】

ミドルノートが消えて、香水の余韻ともいえる香りが訪れます。

場面に合わせて選ぶ、香水をつける場所

体のどこにつけるかによって香り方が変わります

香水は、体のどこにつけるかによって香り方が変わります。場面に合わせてスマートに使いこなしましょう。

【オフィスや公共・食事の場では】

オフィスで仕事をするときや、食事に行く予定があるときは、太ももの内側やヒザの裏側に少しつけるのがおすすめ。周囲の人が気にならない程度にほのかに香ってくれます。手首や胸元につけるのはおすすめできません。香りが立ち過ぎるので、オフィシャルな場に相応しくはないでしょう。

【香りを楽しみたいとき】

香水は揮発するときに一番強く香ります。ほのかに香りを持続させたいなら、うなじ・耳の後ろなど、体温の高い肌の表面に軽く馴染ませましょう。しっかり香りをたてたいなら、体温の高いお腹や胸元につけると香りが長時間持続します。

上手に香らない原因は汗や皮脂

香水を付けても上手く香らないという方はつけるタイミングや場所を間違ってしまっているかもしれません。香水はとてもデリケート。汗や皮脂に反応して香らないことがあるんです。よく香ってほしいときは、入浴後やシャワーで汗を流した後の清潔な肌につけましょう。脇など汗をかきやすいところは避けてつけることもポイントです。

レイヤリングで自分だけの香りを見つける

体の場所ごとに違う香水を使い分けるレイヤリングのテクニックを身につければ、世界にふたつとない個性的な香りを演出することができますよ。

軽やかに香らせたいものは上半身、そっと楽しみたい香りは下半身へ。変化しやすい香りをトップノートのまま楽しみたいときは髪の毛や洋服など、温度変化が少ない場所へ。
レイヤリングすることで、立体的な香りの魅力を演出できます。自分だけの組み合わせを見つけて、いつもの香水をもっと楽しんでみませんか。

小物で香りを楽しむなら、「ESTEBAN(エステバン)」のカードフレグランスを

身に付ける小物をいい香りにしたいなら、カードフレグランス

直接香りをまとうのではなく、身に付ける小物をいい香りにしたいなら、カードフレグランスがおすすめです。
紙製のカードに香りをしみ込ませたカードフレグランスは、お財布や名刺入れにしのばせて気軽に香りを楽しめるアイテムなんです。

日常のシーンで香りを楽しむ

ESTEBANのカードフレグランスは、ハンカチなどの収納ケースに入れておくだけでほのかな移り香を楽しめます。
名刺入れに入れておけば、香りと共にあなたの印象もしっかり記憶に残るでしょう。大切な人への手紙やプレゼントに忍ばせたり、お財布に入れてリフレッシュしたり。いろいろなシーンでさりげなく香りを感じられるアイテムです。

ESTEBANの好きな香りを持ち運ぶ/カードフレグランスはこちら。

素敵な香りをさりげなく身にまとって

大切なのはTPOに合わせて上手に使い分けること。お気に入りの自分の香りを決めておくのも素敵ですが、一緒に過ごす相手やシーンによってふさわしい香りを選ぶのも、香りの上級者への一歩かもしれませんね。

関連記事

PICK UP