北欧テキスタイルのエコバッグ。アルメダールスの柄でお買い物を楽しく。

生活日用品

持つだけで心が弾む。北欧デザインが楽しいアルメダールスのエコバッグ

2020年7月から全国的にレジ袋の有料化がスタートしましたね。この機会にエコバッグの購入を検討している方も多いのではないでしょうか?
エコバッグは、お買い物のたびに何度も使うからこそ、環境のためにも繰り返し使用できておしゃれなデザインものを選びたいですよね。

そこで今回は、おしゃれで実用的な「Almedahls(アルメダールス)」のエコバッグをご紹介します。北欧らしさあふれるデザインのバッグは、きっと生活を楽しく彩ってくれますよ。

思わず自慢したくなる。憧れの北欧エコバッグ

憧れの北欧ブランド、アルメダールスのテキスタイルがおしゃれなエコバッグ。特徴的でおしゃれな柄が一際目を引くデザインで、買い物に出かけるのが楽しくなるような、カラフルであたたかみを感じられるのが特徴です。

【ポモナ】

リンゴをモチーフとしたデザイン。持っているだけでパワーをもらえると長年多くの人たちから愛されているテキスタイルです。

【ピクニック】

魚や野菜などが描かれており、カラフルでユニークなデザインがとても特徴的。スウェーデン国内外で大変人気のデザインなんですよ。

【ハーブブルー】

【ハーブオレンジ×グリーン】

その名の通り、ハーブポットをイメージしたもので、爽やかな香りが伝わってくるかのようなおしゃれなデザインです。

ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。

ちょうどいいサイズ感がうれしいエコバッグ

海外製品というと大きめなサイズを想像してしまいがちですが、アルメダールスのエコバックは、日本人にもちょうどいい、大きすぎず小さすぎないサイズ感。A4サイズもすっぽりと入る大きさで、持ちやすくとても使いやすいんです。

マチがおよそ10cmと広いおかげで、シンプルなトートバッグの見た目以上に大容量で物がたくさん入ります。牛乳パック2本分がマチ部分にしっかり入るほどの大きさなので、まとめ買いをして少し荷物が多くなっても、バッグ一つできちんと持ち帰ることができますよ。

持ち手の長さも程よく、肩からかけて使うにも問題ない長さ。荷物が増えて重たくなっても、肩にかけることができるので手にかかる負担を減らすことができますね。

繰り返し使うから、素材も丈夫なものを

使用頻度が高いエコバッグだからこそ、繰り返し使えて丈夫なものを選びたいですよね。

アルメダールスのエコバッグは、コットンやリネンといった天然素材を使用したバッグ。キャンバス地のような程よい厚みがあるから、ペットボトルのように少し重たい荷物も入れられますよ。メイン使いもできるほどしっかりとした生地だから、近場の買い物ならお財布にこのバックひとつで出かけられるのはうれしいですね。

汚れが気になった時は、洗濯機で丸洗いができるので、いつでも清潔な状態で使えますよ。

コンパクトにたためて持ち運びしやすいから、どこに行くにも一緒。

エコバッグを持ち運ぶときは、なるべく小さくなってほしいもの。
アルメダールスのエコバッグは、やわらかな布製だから、使わないときは手のひらサイズくらいにとても小さく収まります。

折りたたんで、持ち手の部分をくるくると巻き付ければ、しっかりとまとまってくれるので、そのままメインバッグに入れて持ち運ぶのにも便利ですよ。

北欧ではエコバッグがスタンダード。エコバッグを持つのは当たり前に

日本でも徐々に定着しつつあるエコバッグ文化ですが、北欧諸国では「エコバッグを持つのは当たり前」というように日々の暮らしに強く根付いています。1970年代ごろからマイバッグ運動が盛んになり、使い捨てビニール袋の使用を禁止している国も年々増えてきているんですよ。

生鮮食品のビニール袋なども有料化されているスウェーデンでは、多くの人がエコバッグを使っています。驚くことに日用品を取り扱うスーパーだけでなく、百貨店やデパートなどでもエコバックを使用しているのだとか。

使い捨てのビニール袋が当たり前だった日本でも、エコバッグを持つのが当たり前になる日も遠くなさそうですね。

かわいらしいおしゃれなエコバッグで新しいライフスタイルを

デザイン性はもちろん、機能面にも優れた優秀なアルメダールスのエコバッグ。使わないときは椅子やハンガーラックにかけるとお部屋のアクセントにもなってくれます。
自宅用にはもちろん、プレゼントにもぴったりですね。

エコバッグを持つ機会がこれからどんどん増えていく今だからこそ、おしゃれでかわいらしいデザインのアイテムを新調してみませんか?

関連記事

PICK UP