ペットボトルから生まれたエコバッグ。おしゃれなデザインで気分もあがる

生活日用品

ペットボトルから生まれたKIND BAGのエコバッグ

見た目にも気を配りたい、日々の暮らしに欠かせないエコバッグ

レジ袋の有料化にともなって、ますます欠かせない存在となったエコバッグ。最近意識して使うようになったという方も多いのではないでしょうか。

毎日持つものだからこそ、見た目も妥協したくないですよね。ロンドンのブランド「KIND BAG(カインドバッグ)」から、機能性抜群のおしゃれでかわいいエコバッグが届きました。

今私たちに求められていること。レジ袋の削減が必要な理由

近年、間違った方法で破棄された大量のプラスチックゴミが海岸に漂着し、新たな環境問題のひとつとなっています。プラスチックゴミは街の景観を損なうだけでなく、海洋汚染などの原因となったり、船舶航行の安全の妨げになったりすることもあります。これらは、国単位で解決できるものではなく、世界中の一人ひとりが真剣に取り組まなくてはいけない問題です。

KIND BAGのエコバッグはそのような問題を少しでも解決できるようにと作られた製品。レジ袋の代わりに使うことで、プラスチックのごみの削減へと繋がります

毎日使ってエコに貢献。ペットボトルでできた「KIND BAG」

ライラック_KIND BAG

KIND BAGの素材はなんと、使用済みのペットボトル。再生素材を使用しているから環境にやさしいんです。レギュラーサイズの場合、1枚のエコバッグに対して6本のペットボトルが使われています。
プラスチック製品の生産量は、年間3億トン以上。KIND BAGのような製品を選んで、プラスチックバッグの代わりに使用することで、環境保全に貢献できるんです。

使うのが楽しみになる。好みやファッションに合わせて選べる豊富なデザイン

デザイン豊富なエコバッグ

「エコバッグはレジ袋の代用品」、KIND BAGはそんなイメージを覆してくれる商品です。
ハイセンスなフルーツ柄、個性的な幾何学模様、シンプルで飽きのこない無地など、まるで洋服を選ぶように自由に選べるバリエーションの多さ。カラフルでポップでありながら子どもっぽくないデザインは、使うたびに私たちの心をワクワクさせてくれます。シーンやファッションに合わせて選ぶこともできるので、ショッピングが楽しくなるはずです。

「コンビニでちょっと買い物」にも、「スーパーでまとめ買い」にもいいサイズ

サイズはミニサイズとレギュラーサイズの2種類。重さはミニサイズが40g、レギュラーサイズが50gと軽量設計だから、メインバッグに入れても荷物が重くなりません。

マーブル_KIND BAG

レギュラーサイズは耐荷重約20kg。生地が丈夫で丁寧に縫製されているので、重さのあるキャベツやじゃがいもなどの野菜も安心して入れられますよ。

ギンガム_KIND BAG

ミニサイズでも耐荷重は約10kg。コンビニで2リットルの飲み物を2本購入しても楽々持ち帰ることができます。

小さく折りたんでバッグにイン、どこにでも連れていける手軽さ

小さく折りたためるエコバッグ

ポリエステル生地のアイテムはたたみにくく、広げにくいこともありますよね。
KIND BAGは内側に収納ポケットがついているから、簡単にきれいな四角にたためます折りたたむと片手に入るコンパクトなサイズになるので、持ち運びに便利でかばんの中に入れて携帯することも可能です。いつもきれいにたためるから、広げるときもスマート。レジ前で袋をなかなか広げられずもたつく心配もありません。
バッグ使用時には収納ポケットに鍵を入れたり、レシートを入れたり、小物ポケットとしても使えますよ。

いつも清潔さをキープ。洗濯機で丸洗いできてお手入れも簡単

バナナ_KIND BAG

野菜や果物、生ものを入れるエコバッグは、想像以上に汚れているんです。食品を入れるからこそいつも清潔に保ちたいですよね。
KIND BAGは作りが丈夫なので洗濯機で丸洗いOK。ポリエステルの生地で速乾性にも優れているので、洗ってもすぐに乾きます。
綿などの素材と比べてシワになりにくく、洗濯後すぐに干せばアイロンなしできれいに仕上がりますよ。

これからの買い物に欠かせない。エコなショッピングバッグ

日本でのレジ袋の有料化はまだ始まったばかり。でも世界を見れば環境を意識してエコバッグを使うことはスタンダードになりつつあるんです。
KIND BAGは、これからのショッピングにはなくてはならないアイテム。デザインもおしゃれでしっかりエコに貢献できるエコバッグを持って、お買い物にでかけましょう。

関連記事

PICK UP