ティータイムでほっと一息。オリジナルフレーバーで紅茶をアレンジ

テーブルウェア

オリジナルフレーバーで紅茶をアレンジ

おうち時間をちょっと優雅にしてくれるフレーバーティー

紅茶と混同されがちなフレーバーティー。同じものだと思っている人が多いかもしれません。実は、それぞれ楽しみ方が違うんです。
フレーバーティーの種類や魅力、そして誰でもできる簡単な作り方などを紹介していきますので、素敵なおうち時間を過ごすための参考にしてみてくださいね。

紅茶とフレーバーティーはどう違う?

紅茶は、ダージリンやセイロンなどの農園から摘採した茶葉の味わいをそのまま楽しむもの。複数の茶葉をブレンドしたものも紅茶に位置付けられています。紅茶の本場イギリスでは、茶葉本来の味を生かしていただくのが主流です。
一方フレーバーティーは、茶葉に人工的に香料を付け加えたもの。茶葉の味そのものよりも後付けの香りを楽しみます。こちらは、フランスなどのヨーロッパ各地で人気が高いんです。

いろいろ試したい!フレーバーティーの種類

フレーバーティーの筆頭と言えば、アールグレイ。紅茶と認識していた人も多いのではないでしょうか。茶葉にベルガモットオレンジの香りを付けていて、その香り高さに魅了される人は少なくありません。ベースとなる茶葉は世界三大紅茶のひとつ、祁門(キームン)が主流でしたが、今ではいろいろな茶葉が使われています。
他にもリンゴやイチゴなどのみずみずしいフルーツの香り、バラやジャスミンなど気品あふれる花の香り、またハーブやスパイスのような個性豊かな香りをまとったものなど、数えきれないほどの種類があるのがフレーバーティーの魅力です。

自分好みのフレーバーティーを見つけるには

自分好みのフレーバーティー

あまりにも種類が多すぎてどれから試していいのかわからない。そんな人はまず、万人受けする香りが多く、くせがなくて飲みやすいフルーツの香りから挑戦してみることをおすすめします。
いろいろなフレーバーが楽しめるお試しセットからチャレンジしてみるといいですよ。
また飲み方も、ホットやアイスをはじめ、ストレート向きやミルクとの相性がよいものなどがあります。いろいろ試して、お気に入りの香りを見つけてくださいね。

自分だけのオリジナルティーを作ってみよう

自分好みの味と香りをさらに追求したいなら、自分でブレンドしてオリジナルティーを作ってみましょう。なんだか難しそうですが、実は初心者でも簡単に作れるんです。
例えばスライスした柑橘系のフルーツを乾燥させて、細かくカットしてから紅茶と混ぜて抽出すれば爽やかな香りが楽しめます。ハーブやスパイス風味も、同じ方法で作れますよ。

また、同じ茶葉でも蒸らす時間で味が変化します。苦いと感じたときは、茶葉の量を多めにして蒸らす時間を短縮すると苦みを抑えられますので試してみてください。

茶葉とカットした乾燥フルーツを入れてお湯を注ぐだけのティープレスなら、抽出した後の味が濃くなりすぎません。やさしい木目の蓋がフレーバーティーにぴったりですね。

「HARIO(ハリオ)」 ティープレスウッド

「HARIO(ハリオ)」 ティープレス/ウッドはこちら。

外出先でもフレーバーティーを楽しみたいなら、フィルター付きのおしゃれなボトルはいかがでしょう。120℃までの耐熱ボトルは熱いお茶をそのまま入れても大丈夫。カットしたフルーツをそのまま入れれば、見た目も華やかですね。

「HARIO」フィルターインボトルポータブル

「HARIO」フィルターインボトル/ポータブルはこちら。

素敵なカップでもっと美味しく

フレーバーティーをよりいっそう引き立ててくれるティーカップがあれば、ティータイムはさらに楽しくなります。普段使いのマグカップもいいけれど、たまにはとっておきのカップで特別な気分を味わいませんか?

「RIVERET(リベレット)」天然竹のティーカップ&ソーサー

自然な風合いがあたたかみのある、天然竹のティーカップは手に取ると、じんわりと優しく熱が伝わり、安らぎを与えてくれます。なめらかな質感は香りや味わいを決して邪魔せず、名脇役としてしっくりなじみます。

「RIVERET(リベレット)」天然竹のティーカップ&ソーサーはこちら。

フルーツティーをさらにおしゃれに!

もっとおしゃれにティータイムを楽しみたい。そんなときはフルーツをトッピングすれば、香りだけではなく見た目もドレスアップします。急な来客のときにも、気の利いた飲み物をお出しできて重宝しますよ。

「HARIO」クッキングパック


トッピング用に切ったフルーツを容器に入れて保存しておけば、いつでも気軽にフルーツティーが味わえます。ガラスの容器なら中身が見えてわかりやすいですし、冷蔵庫を開けるたびに色鮮やかなフルーツが見えて気分が上がりそうですね。

シンプルなデザインで機能性も抜群のガラスの保存容器「HARIO」クッキングパックはこちら。

お気に入りの香りとともに自分らしく過ごせる時間を

その日の気分に合わせていろいろな味や香りを楽しめるのがフレーバーティーの魅力です。ホッとくつろぎたいときや頭をスッキリさせたいときなど、使い分けることによって毎日でも飽きません。
ぜひともお気に入りの香りとカップを見つけて、充実したティータイムを満喫してくださいね。

関連記事

PICK UP