通勤もスマートに。鞄にすっぽり入るスリムな弁当箱

テーブルウェア

鞄にすっぽり入るスリムな弁当箱

ランチタイムがもっと楽しみになる。おしゃれなお弁当箱

お弁当箱は毎日使うものだからこそ、こだわってお気に入りのデザインのものを選びたいですよね。でもせっかく気に入ったものでも、持ち運びが大変だとちょっと困りもの。
お仕事用バッグとお弁当用のサブバッグで両手が塞がってしまっている方も多いかもしれません。
ここでは鞄にスッと入れて持ち運びやすい、スリムでコンパクトなお弁当箱を紹介します。

電子レンジは使える?お弁当箱の材質に注目

食洗器、電子レンジなどを使用することが多いなら、弁当箱選びは材質に注目しましょう。

【プラスチック】

弁当箱の中でも扱いが簡単なプラスチック。人気の理由は、レンジと食洗器のどちらも対応OKなものが多いこと。ただし、油残りしやすいという一面も。お湯洗いや台所用漂白剤のつけ置きで対処しましょう。

【ホーロー・アルミ・ステンレス】

ホーロー、アルミ、ステンレスはどれも油汚れがつきにくいというメリットがあります。基本レンジNGのものが大半で、ごはんがくっつきやすいので、帰宅後に洗う派の方であれば、つけ置き洗いが必要です。

【木・竹】

見た目のおしゃれさから、ナチュラル派の方に特に人気です。商品によっては、電子レンジ・食洗器対応のものもありますが、湿気が得意ではないため、洗った後はよく乾燥させる必要があります。

スリムで上品な印象。BENTO STORE(ベントーストア) 木蓋のお弁当箱(スリムL)

BENTO STORE

「BENTO STORE(ベントーストア)」の木蓋のお弁当箱(スリムL)はフタの部分に高知県産の土佐古代杉を使用した天然の木目が美しい弁当箱。本体重量はわずか120gと軽く、スリムなデザインなので小さなハンドバッグにもぴったりと収まります。

大きさはW178×D56×H64mm。容量は400mlで仕切りもついているので、ご飯とおかずはしっかり分けて盛り付けられますよ。本体と仕切りは樹脂製なので電子レンジや食洗機も使えます

カラーはホワイトとチャコールの2色展開。見た目のインパクトがあるので「そのお弁当箱どこで買ったの?私も欲しい」とうらやましがられること間違いなしですよ。

BENTO STORE木蓋のお弁当箱(スリムL)はこちら

機能的。GEL-COOL(ジェルクール)フタが保冷剤になるお弁当箱/スリム(SS)

GEL-COOL

新鮮な素材をそのまま活かしたお弁当を楽しみたい、そんな方には、フタが保冷剤になる弁当箱「GEL-COOL(ジェルクール)」スリム(SS)がぴったり。
2段重ねのお弁当は、サイズがW56×D177×H108mm、重量は約300gですが、容量が300ml×2段とたっぷり入れられるのが魅力です。

フタの内部に保冷ジェルが内蔵されているので、暑い夏の日でも安心して持ち運べます。

使い方は簡単。前日の晩からフタを凍らせておいて、翌朝は料理を詰めた本体に凍ったフタをするだけでOK。
フタ自体が保冷剤になるので、保冷剤の入れ忘れも防げます。

カラーはポップなホワイトとブラウンの2色、フタを外せば電子レンジにも対応するので、温かいお弁当を食べられますよ。

GEL-COOLフタが保冷剤になるお弁当箱/スリム(SS)はこちら

手荷物すっきり。スリムなお弁当箱を持ち運ぼう

スリムなお弁当箱を持ち運ぼう

スリムなデザインの弁当箱は持ち運びに便利です。どちらも幅はわずか6cm足らずと、とってもスリム。
いつものお仕事バックに入れれば、わざわざお弁当用のバックを用意しなくてもいいのが嬉しいですね。
スリムでおしゃれな弁当箱で、毎日のランチライムを楽しみましょう。

関連記事

PICK UP