就寝前のストレッチに。寝姿勢を整えて心地よい安眠環境を

家具

寝姿勢を整える就寝前のストレッチ

スマホをさわる時間が増えたり、在宅ワークで同じ姿勢を長時間取り続けたりしているとどうしても目や肩、腰がどんより重くなります。快適な安眠環境を整えるために、首や腰周りに有効な就寝前ストレッチや、気持ちよくリフレッシュできるストレッチピローをご紹介します。

寝る前のストレッチで安眠環境へ

長時間同じ姿勢を続けたり、スマホなどの細かい字を見続けたりしているとどうしても目や肩、腰がどんより重くなります。その結果、猫背やストレートネックの症状に悩まされる人も増えています。

快適な安眠環境を維持するには、体に負担の少ない寝姿勢や就寝前のストレッチが有効です。体が硬い状態では快適な寝姿勢も保てません。寝る前に背筋や首筋を伸ばして身体全体をリラックスさせることで、快適な安眠環境をつくることができます。では、具体的にはどのような就寝前ストレッチが有効なのでしょうか。

快適な安眠タイムのための簡単ストレッチ

テレワークなどで首や肩がどんより重い、おうち時間が増えて運動不足で気分がスッキリしない、緊張している状態で寝ようと思っても、なかなか寝付けないこともあります。そういう時は簡単なストレッチを実行してみましょう。自宅で手軽に行えて、首や肩を気持ちよくリフレッシュできるストレッチです。

首もみストレッチ

お風呂でできるストレッチです。湯船やシャワーでお湯を首の後ろに当てるようにします。両手の指を首の後ろで組み、親指を左右のうなじのくぼみに当てて、手をゆっくりと上下に動かすことで首をリラックスさせます。

腕回しストレッチ

腕を広げて胸を開き、ひじを上げて背中側まで大きくゆっくりと回します。肩甲骨を回すことを意識しましょう。その後、ひじを身体の前に伸ばし、手を組んで返します。頭の上と身体の前に交互に伸ばします。このふたつを1分間に5-6回繰り返します。

そのほかにも、足首を曲げ伸ばししながら深呼吸を行うストレッチなども有効です。就寝前のわずか5分ほどで行える手軽なストレッチなので、ぜひ寝る前の習慣にして、スッキリした朝を迎えてみてはいかがでしょうか。

【Northmallおすすめ】「kichintone(キチントネ)」シリーズ

心地よい安眠環境をつくるのに有効な寝る前のストレッチ。そのストレッチをより効果的にしてくれるグッズ、「kichintone(キチントネ)」シリーズをご紹介します。在宅ワークなどで首や腰へかかる大きな負担を就寝前にリラックスさせ、快適な安眠環境をつくるようにしていきましょう。

kichintone_イメージ1

ストレッチピロー ポール

kichintone_イメージ2

全身用のストレッチピローです。「ストレッチピローポール」を縦にした状態で背中にあててあおむけの姿勢で全身をぐいーっと伸ばします。この状態でゆっくりと深呼吸。適度な硬さなので、全体重を乗せても気持ちよく背伸びができます。日中、長時間同じ姿勢を取っていると、知らないうちに背筋に負担がかかりがちになってしまいます。このポールを使用して背筋を正しいポジションでしっかりと伸ばして、リフレッシュさせましょう。「ストレッチピローポール」を横にして腰周辺に置いて同じようにストレッチしたり、足首の下に置いて足全体を伸ばしたりしてストレッチするのもおすすめです。

kichintone_イメージ3

ストレッチピロー ネック

kichintone_イメージ4

小さな画面を見続けたり、同じ姿勢を保ち続けていたりすると、首や肩がズシンと重くなってしまいます。そんな経験がある人には、少しの時間でもいいので「ストレッチピローネック」を使った首周りのストレッチが効果的です。

「ストレッチピローネック」を首筋に当てて置き、顔をぐーっと天井に向けて左右に動かしながらストレッチをしましょう。首筋に合った形状の低反発ウレタンシートなので、ほどよい硬さのクッションが首筋をリラックスさせてくれます。内部が立体マチで区切られているので型崩れもしにくく、カバーが洗濯できるので清潔に使い続けられるのも嬉しいポイントです。

kichintone_イメージ5

首や肩が重くなっていると感じているのがわかっていても、日中は忙しくてストレッチをする時間を見つけるのが難しいかもしれませんね。ぜひ寝る前の数分をストレッチの時間にあててみてください。ご紹介したピローは適度な硬さで、体がちょうどよくフィットするようにデザインされているので、無理なく寝姿勢を整えてくれます。快適な安眠環境を整え、心身ともにリラックスした状態で眠りにつき、素敵な毎日を過ごしたいですね。

関連記事

PICK UP