自炊するならマストの調理グッズ!おしゃれなレードルが気になる

キッチン

レードル

調理や料理の取り分けに便利なレードルは、デザインだけで選んでしまうと後悔することもあるので、まずはレードルを選ぶ時にチェックするポイントを知っておきましょう。

失敗しないレードル選び

レードルは所謂おたまのこと。実は、レードルにはいろいろなタイプがあるので、用途ごとに使いやすい種類を選ぶと調理や盛りつけがしやすくなります。失敗しないレードル選びは、事前にレードルと一緒に使用する鍋やフライパンのサイズを把握するのが基本です。

大きくて深さがある鍋でレードルを使う場合に、柄が短いアイテムだと料理に沈んでしまうでしょう。大きな調理器具にはサイズの大きめなレードルを、逆に小さい鍋やボウルなどで使う場合にはミニサイズのレードルを選ぶと使いやすいです。

レードル

レードルの素材

デザイン性にこだわる人はレードルを素材で選びたい場合もあるでしょう。例えば、木製のものやホーロー、カラー展開が豊富なシリコン製などは、キッチンに置いてあるだけでおしゃれなデザインのアイテムが多いです。しかし、調理の種類によってレードルの素材は向き不向きがあります。

【木製のレードル】

暖かみのあるデザインが多く、軽量で柄が熱くならないなどの利便性もあり、機能面とデザイン性の両方を兼ね備えた魅力的なタイプです。ただし、色移りやニオイ移りがしやすいので、カレーやミートソースなどに使うには不向きかもしれません。

【ホーロー】

高級感ある見た目でニオイ移りがしにくく、口当たりが良いので味見しやすいのがメリットです。ただし、耐久性が高い一方で衝撃に弱いので、取り扱いは丁寧にする必要があるでしょう。

【シリコン製】

おしゃれなカラーリングの商品が多くリリースされています。キッチンや調理器具の雰囲気に合わせて色を選べるので、デザイン重視の人に向いているかもしれません。鍋やフライパンなどを傷つけない素材ですので、高価な調理器具に使う時も安心です。ただし、耐久性に劣るので傷むたびに買い替えが必要になる素材とも言えます。

【ステンレス製】

調理の熱で変形せず、調理後も洗浄しやすく清潔に保管ができます。手になじむものを長期間愛用したいならステンレス製が適していますが、フッ素コーティングされた調理器具では傷をつけてしまう可能性もあるアイテムです。熱伝導率の高さから柄が熱くなりやすい欠点もありますが、持ち手がシリコンや木製でできているレードルなら熱くなりません。

レードルの形

レードルにはいろいろな形があるので、用途に合わせて選ぶのもポイントです。

レードルの形

【スープレードル】

一番ベーシックなタイプのお玉型レードルです。汁物だけでなく煮物や炒め物など広い調理法で使えるほか、盛りつけにも使われます。深型のヘッドなら多めの量を一度にすくえるのが特徴です。

【中華お玉】

スープレードルよりヘッドのサイズが大きい商品が多く、中華鍋で調理する時に使いやすくできています。鉄素材が主流ですが近年ではステンレス製もリリースされているので、取り扱いが簡単で錆などの心配がありません。

【スプーンレードル】

その名の通りスプーンの形状をしたヘッドが特徴で、盛りつけがしやすいと言われています。スプーンレードルを使ってソースを作って、そのまま料理にかける時などに使いやすいです。スープや味噌汁などを注ぐ時に使いやすいのが横口レードルで、ヘッドの右側へ注ぎ口が付属しています。口の狭いお椀や小さなスープ皿に注ぐ時にもこぼしにくいです。ただし、左利きの人は右側に注ぎ口が付いていると使いにくくなってしまうため、注ぎ口が左側についている商品や両口レードルを購入すると良いでしょう。

【穴あきレードル】

ヘッド部分に小さな穴があり、汁をすくわず具材だけをすくいたい時に使用できるので、鍋物をして卓上で使う時にも便利に使えます。

ただのレードルじゃない!注目アイテム

Dreamfarm フライ返しとおたまの2役/メジャーレードル

メジャーレ―ドル

見た目がおしゃれで機能性が高い「メジャーレードル」は、柄が波打つようなデザインが特徴的なオリジナリティを感じるレードルです。ウェーブ型ハンドルはねじって形状を変えられ、横長と縦長の両方で使い分けられます。フライパンで炒め物をする時には横長にするとフライ返しのようにもでき、調理がしやすくなります。深さがある鍋で煮込み料理などをする時には、縦長にすれば安全に料理をすくえるでしょう。

メジャーレードル

具材を炒めてそのままスープやカレーを作る時にも、メジャーレードルひとつで調理できます。目盛り付きですので計量スプーンを使う必要がなく、シリコン製で洗いやすいなどメリットがたくさんあるアイテムです。

色はレッドがポイントになったタイプもあります。アクセントになってモダンなデザインです。

Dreamfarmレードル

毎日の調理が楽になるレードルをキッチンに加えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

PICK UP