長時間の保冷・保温効果が嬉しい!アウトドアで重宝するおしゃれ断熱ボトル

キッチン

アウトドア用断熱ボトル

登山やキャンプなどのアウトドアや屋外スポーツにぴったりなのが、機能性とスタイリッシュなおしゃれさを兼ね備えたREVOMAX製の「真空断熱ボトルRevoMax2」です。片手で開閉でき、しかも長時間の保温&保冷に秀でたこのボトルは、欧米でも大人気です。今回はこのおしゃれで便利な断熱ボトルについてご紹介します。

「REVOMAX(レボマックス)」とは

REVOMAXは、元インテル社のエンジニア、レオ・シャオ氏が2015年にアメリカで創立した会社です。身近な製品を独自の視点からクリエイティブに展開・再設計した商品を発信しています。会社名のREVOMAXは「Revolutionary (革新的な) 」+「 Maximize (最大化)」という2つの言葉が合わさり、「革新的な発明で、人々の実用性や効率を最大限に高める」という意味が込められています。そして手がけた「真空断熱ボトルRevoMax2」は全米で大ヒットし、日本でもその高い機能性とデザイン性から話題となったアイテムです。

REVOMAX_イメージ1

【My Mottoおすすめ】革新的な発想で生み出された「真空断熱ボトルRevoMax2」

「真空断熱ボトルRevoMax2」は、初期バージョンのキャップを独自開発のワンタッチ開閉式キャップにすることで、飛躍的に使いやすくなったアイテムです。ほかにも全米・日本で人気になった理由を4つに分けて解説していきます。

独自キャップ搭載!片手で瞬時に開閉できる

初期バージョンの"ねじ込み式"のキャップは開けづらく、しっかり締めないと漏れるという問題点がありました。そこで独自開発の二重密閉構造のワンタッチ開閉式キャップを搭載。これにより密閉力がアップし、ストレスなく使えるようになったのが「真空断熱ボトルRevoMax2」です。開く時はキャップの3つのボタンを同時に押すだけ、閉める際は本体にキャップを入れてトリガーをひっぱるだけだから、作業中や運転中でも片手で簡単に開閉ができます

REVOMAX_特徴1

36時間も冷たさをキープ!もちろん保温も

「真空断熱ボトルRevoMax2」は、保温18時間、保冷36時間の業界トップクラスの保温・保冷力を実現。秘密は熱の出入りをシャットアウトする内部の銅コーティング。断熱性能に優れているので、好きな飲み物が好みの温度で持ち運べます。前日の夜に入れたお湯を翌朝のコーヒーや紅茶に使えるほど保温力があるので、キャンプだけでなく、家でもポット代わりにできそうなボトルです。

REVOMAX_特徴2

炭酸飲料やビールも持ち運べる

一般的なボトルに炭酸飲料を入れると、開けた瞬間に吹きこぼれて大惨事になりかねません。しかし「真空断熱ボトルRevoMax2」なら、キャップに炭酸の内圧を逃す仕組みが備わっているので、衣類が濡れたり汚れたりする心配がありません。また、ボトル内部には特殊なステンレスを使用し、一般的なボトルが苦手とする、スポーツドリンクやビネガードリンクも安心して持ち運べます。

キャンプやスポーツ観戦ではビール、ジムやフィットネスではパフォーマンスをアップさせるスポーツドリンクやビネガードリンクなどを入れるなど、さまざまなシーンで活躍してくれます。

REVOMAX_特徴3

デザイン性に長けている

「真空断熱ボトルRevoMax2」は、その抜群の機能性と鮮やかなカラーリング&スタイリッシュな見た目で、世界的に権威のあるデザイン賞「iF Home Style Award 2016」を受賞しています。また、表面はマット加工で触り心地が良く、飲み口はなめらかに加工されているなど、細部にもこだわったつくりになっているので、自宅やオフィスでのマイボトルとしてもおすすめです。

12oz (355ml)という手頃なサイズ感は、出勤時やちょっとした外出などに持ち運ぶのに最適です。カラーも豊富で、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそうです。

アウトドアにもぴったり 見た目はガラス。なのに割れない、おしゃれなコップ はこちら

関連記事

PICK UP