昔から愛されてきた野田琺瑯。おしゃれなバットで料理がちょっと楽になる

キッチン

おしゃれなバットで料理がちょっと楽になる

いまも昔も愛され続ける「琺瑯」

長い歴史があり、昔からいろいろな場所で使われてきた琺瑯(ほうろう)。ずっと愛され続けているのには、ちゃんと理由があるんです。
琺瑯はガラス質の釉薬を高温で焼き付けた素材で、強度とガラス由来の美しさを合わせ持っているのが特徴。紀元前から使用されていて、日本では明治時代から使われていたとされている、とても古い歴史のある素材です。

【琺瑯のいいところ】

耐熱性・冷却性に優れている
琺瑯は金属の素地をガラス質で覆っているため、熱伝導が良く、湯沸かしや料理に活用できます。冷却性も高いので保存に適しています。
耐食・耐酸
酸、塩分に強い耐久性を持っています。貯蔵や醸造用に容器が使われることもあります。
美しい色合い
独特の美しい色合いと光沢を楽しめます。焼き付けているので、変色することもありません。

歴史と伝統の琺瑯一筋。Noda Horo(野田琺瑯)の魅力

「Noda Horo(野田琺瑯)」は昭和初期に野田悦司が創業して以来、琺瑯一筋の老舗メーカー。国内では唯一、琺瑯づくりの全工程を一貫して生産している、こだわりを持ったメーカーです。
ひとつひとつ手仕事でガラス質の釉薬を施釉し、高温で焼成。国内で唯一、琺瑯づくりの全ての工程を自社で一貫生産している琺瑯メーカーです。デザイン・品質ともに優れており、日常の台所道具として長く愛されてきました。
そんなNoda Horoの、美しい見た目と使い勝手を併せ持ったお料理バットがひとつあるだけで、料理の幅がこれまでよりぐんと広がり、料理がもっと楽に、楽しくなりますよ。

おしゃれなだけじゃない。お料理に使い勝手のいい素材

琺瑯はガラスを焼き付けた清潔感のある見た目がとてもおしゃれ。見た目はもちろん、料理をするうえでたくさんのメリットがあるんです。

琺瑯の大きな特徴のひとつが、熱伝導の良さ。温めるのも冷やすのも早いから、料理の下ごしらえにぴったりです。また、琺瑯には、におい移りが無いことも大きなメリットです。

熱にも強くて、直火、オーブンどちらでの使用もOK。きっとお料理のいろんなシーンで活躍してくれますよ。

下ごしらえがもっと簡単に。料理が楽しくなる

バットは野菜やお肉などの食材をカットして並べておいたり、揚げ物の衣を付けたりと、料理の下ごしらえに欠かせないツールです。
におい移りの心配がない琺瑯のバットであれば、食材をそのまま保存しておくときにとっても便利。食材の種類に関わらず、すぐに使わない食材をしばらく置いておいても大丈夫なんです。ガラス質でサッと洗い流せるので、油を使った料理の下ごしらえや保存にもおすすめ。粕漬けやマリネなどの保存時にもぴったりですよ。

お鍋のときに中に入れる食材を並べておくと、食材がよりきれいに見えるから食欲もそそられちゃいます。

オーブンに入れてそのまま食卓へ。おしゃれなオーブン料理も簡単に

おしゃれなオーブン料理も簡単に

ちょっと難しそうに思えるオーブン料理も、琺瑯のバットがひとつあるだけでとっても簡単にできるんです。

カットしたお好みの食材を琺瑯のバットに乗せて、塩、こしょう、オリーブオイルをまわしかけてオーブンへ。焼きあがったらそのまま食卓にも出せて手間いらずです。グラタンやお肉のローストなどぴったりですね。

忙しい日のメニューとして使えるのもポイント。ざっくり盛り付けただけだとしても見栄えがいいので、ホームパーティなどのおもてなしにもおすすめですよ。

冷蔵庫もオーブンも。スイーツづくりが手軽に

琺瑯のバットは、ムースやプリン、アイスクリームなどのお菓子作りでも、しっかり活躍してくれます。お菓子作りは、たくさんの工程があって、工程の度に容器を変えていては、洗い物が増えるばかり…。琺瑯のバットなら、混ぜる、焼く、冷やすはもちろん、そのまま食卓に出して器としても使えます。ガラス質の琺瑯特有の見た目は、冷たいデザートをよりおいしそうに見せてくれますよ。

また、ケーキづくりの型としても使えます。ひとつあるだけでいろんなお菓子が効率よく作れる優れものです。

絶妙なサイズ。毎日のお料理に使いやすい

おしゃれなバットで料理がちょっと楽になる

本体は29.7×23.7×4.7cmで、下ごしらえにはもちろん、取り分けるオーブン料理や、スイーツづくりなどにも使いやすくて便利な、絶妙なサイズです。

重ねて収納できるのもうれしいポイント。大小持っておけば、用途によって使い分けもできて邪魔にもなりません。

適切なお手入れで、いつまでも美しく

バットを使ったあとは、中性洗剤とスポンジで洗って、水気を拭き取ってしっかりと乾燥させましょう。

オーブン料理などで焦げついてしまったときは、ぬるま湯に重曹と食用油を少量入れて火にかけてお手入れ。沸騰後、数時間置いた後に冷めた中のものを捨てて、スポンジで洗います。

琺瑯の表面はガラス質で衝撃には弱いので、落としたり衝撃を与えないように注意しましょう。また、いつまでも美しく使うために、表面を傷つけてしまう恐れのある金属製のたわしや、研磨剤などの使用も避けましょう。急激な温度変化にも弱いため、注意が必要です。お手入れ次第では、一生ものになるんです。

便利でありながらおしゃれ。料理の幅も生活の質もアップする野田琺瑯のバット

琺瑯は、見た目も使いやすさも抜群で、料理をするうえでメリットの多い便利な素材。昔から長く使われているのも納得ですね。

Noda Horoのバットは、シンプルなデザイン。どんなインテリアにも馴染んで、さりげなくおしゃれを演出してくれます。
料理や食事、デザートを囲むひとときが、もっと楽しくなること間違いなしです。普段使いするものだからこそ、上質で使い勝手のよい便利な琺瑯を取り入れてみませんか。

スープづくりに丁度いいサイズのキャセロール

同ブランドのキャセロールもおすすめ。14cmの小さなお鍋は2人分のお味噌汁をつくったり、1人で野菜たっぷりのラーメンをつくるのに重宝しますよ。蓋つきで、ちょっとした煮物や野菜の下ゆでにも便利です。

小人数のスープづくりにぴったりなNoda Horoのキャセロール 14cm(蓋つき)はこちら。

関連記事

PICK UP