不便な賃貸キッチンでもレイアウト次第で快適空間に。おしゃれな収納を紹介

キッチン

賃貸キッチンは狭い&使いづらい…広く使える収納術で心地いい暮らしを

賃貸のキッチンは狭く、不便さを感じている方も多いのではないでしょうか?
毎日何度も使うキッチンが使いにくいと、おうち時間もストレスになってしまいますよね。

キッチンを今よりももっと心地よい空間に変えたいと思っているなら、収納方法を少し工夫してみることをおすすめします。

ちょっとした工夫で賃貸キッチンが快適空間に

狭い賃貸のキッチンも、レイアウトや収納方法を工夫することでもっと便利に、広く使えるようになりますよ。
この記事では、キッチンの収納力アップのための工夫や、デッドスペースの活用アイデアをご紹介します。

さらに、キッチンのちょっとしたスペースを、収納として有効活用できる便利グッズもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
限られた空間を無駄なく使って、増えていきがちな調理器具や家電も上手に収納してみましょう。

壁面を上手に使って収納する

賃貸キッチンは壁に穴が開けられないので、壁面収納は無理と思っていませんか?
マグネットや吸盤を使えば、壁を傷つけず収納スペースが増やせますよ。
ピーラーや味噌こし器など、使う頻度が高く軽量なキッチンツールは、壁面に吊るしておくとすぐ手に取れて便利です。

【タオルの定位置。tower マグネットキッチンタオルホルダー/ホワイト】

マグネットキッチンタオルホルダーホワイト

冷蔵庫や金属パネルにマグネットでくっつけられるYamazaki towerのタオルホルダー。
タオルを中央の切れ込みに押し込むだけで簡単にセットでき、外す時も引っ張るだけでOKと、交換がとても楽です。

小さくてシンプルなので、インテリアの邪魔をせず見た目もすっきり。

tower マグネットキッチンタオルホルダー/ホワイトはこちら

レイアウトを工夫してオープン収納にする

Dish and decorations on open wooden shelves in white kitchen

賃貸のキッチンでは、作り付けの収納が少ないことが不便に感じる原因になっているケースも。
レイアウトを工夫して棚を設置して、収納力をアップさせましょう。

棚のタイプは、扉付きや引き出し付きではなく、オープン収納にするのがポイント。
物の場所が一目で把握できるうえ、扉や引き出しを開け閉めする手間がなく家事効率がぐんとアップします。

棚板の位置を調整すれば、お皿やグラスはもちろん家電や米びつのような大きい物まで収納できます。
カトラリーや食器類など小さい物は、カゴやトレーに入れて積み重ねておけば、棚の中のスペースを有効に使えますよ。

狭いスペースを有効活用するレイアウト

家庭用オーブンレンジ

狭いキッチンでは縦の空間を活かして収納することも大切です。

レンジの上に物を置くなら、レンジ専用ラックを活用しましょう。
レンジは高温になる家電ですので、レンジの上に直接物を置くのはNGです。
メーカーや製品によりますが、レンジの上は10~20cm程度空間を空けてくださいね。

【レンジ周辺をより便利にレイアウト。tower伸縮レンジラック/ブラック】

tower伸縮レンジラックブラック

約47.5~75cmの範囲で横幅を自在に伸縮できるレンジラック。
レンジの上にトースターや電気ケトルなどを安定して置けます。
ラックのサイドにはフックが付いているので、ミトンやキッチンツールを吊るして収納可能。

tower 伸縮レンジラック/ブラックはこちら

工夫次第で狭い賃貸キッチンが使いやすくおしゃれになる

狭くて使い勝手が悪いキッチンも、工夫次第でぐっと使いやすくなります。
便利グッズを活用して、自分だけの理想のキッチンを目指しましょう。

キッチンが使いやすくなれば、お料理もはかどって、きっと毎日が今よりもっと充実したものになるはずです。
おうち時間を利用して、できることから少しずつ取り組んでみてくださいね。

関連記事

PICK UP