重なる。買い足せる。キッチンのスッキリを叶える魔法の法則。

ライフスタイルのはなし

キッチンは、家の中でも特に「モノの数」が多い場所だということを知っていますか? 
料理を作る、食事をする、そして片付けるために多くの細かな道具を必要とするからです。 
でも、その割に家の中におけるキッチンの占有面積は小さめ。 
キッチンは片付けの難易度が非常に高いスペースなのです。 

そんなキッチンを美しく、作業も手入れもしやすい機能的な空間に変えるためには道具選びが大切です。 
私がキッチンの道具選びで気をつけているのは2点。 

・重なること 
・買い足せること 

まず一つ目の、重なる、です。 
キッチンの限られた収納スペースを有効に使うためには、収納時にコンパクトになることが大切です。 
よくある例がタッパーなどの保存容器。 

形やサイズがバラバラなので食器棚の棚一つ分が保存容器で埋まってしまっていることがあります。 
おまけなどでついてくることも多い保存容器ですが、形がバラバラのモノが集まると収まりが悪くなりスペースに無駄が生まれます。 
更に「これに合う蓋はどれだっけ?」という時間の無駄にも。 

形がバラバラの保存容器は全部手放し、重なるタイプの保存容器を3サイズほど揃えると空間も時間も無駄がなくなります。 
これは食器類でも同じ。 
お皿やコップも重なりが良いモノを選ぶと食器棚の中がスッキリとします。 

次に意識しているのが、買い足せる、ということ。 
キッチンで壊れやすいモノと言えばコップや食器類。 
ガラスや瀬戸物が中心ですのでよく割れたり欠けたりしてしまいますね。 

ペアグラスなのに片方が欠けたまま。 
だけど壊れてないから捨てられない。 
でも1つしかないから出番がない。 
そんな理由から食器棚で死蔵している、グラスやお皿はありませんか? 

家族がいると毎数が揃っていないお皿やコップは使いにくくなることもありますね。 
それを解消するために、食器やコップ類は後でも買い足せる「定番の品」を選ぶと便利です。 

長年愛用されているロングセラー商品ならば後で買い足そうと思った時にいつでも購入することができます。 
我が家でもコップはもう長年Duralex(デュラレックス社)の「ピカルディーグラス」を愛用しています。 
シンプルで丈夫なデザイン。 
重ねることができ、後から一つ単位で買い足すことができるこのグラスは子供がいる暮らしにもぴったり。 
家族構成を選ばず長く使うことができるグラスです。 

スッキリキッチンを作る「重なる」「買い足せる」の二つのポイント。 
皆さんも意識してみてくださいね。 




整理収納アドバイザー Fujinao

関連記事

PICK UP