エコバッグは使いやすいものを選びたい。暮らしにあった選び方。

生活日用品

エコバッグは使いやすいものを選びたい

エコで、お得。エコバッグのある生活

海洋プラスチックごみ問題や地球温暖化を背景に、日本でも2020年7月1日からスーパーなどでプラスチック製の買い物袋の有料化がスタートしましたね。1枚数円でも、積もり積もれば大きな金額になってしまいます。

少しでもお得に生活するために。そして、地球環境の保全に貢献するために。今、生活スタイルにあった使いやすいエコバッグを探してみませんか?

マイバッグの持ち歩きは新しいスタンダード

マイバッグの持ち歩きは新しいスタンダード

手軽に使えるプラスチック製のレジ袋。有料化されたことで、その認識が大きく変わることとなりました。レジ袋の価格は1枚1円以上というルールはあるものの、各小売店が決められます。そのためお店ごとで価格が変わってくるんです。1枚5円以上で設定されているようなこともあって、毎回レジ袋を購入するのは大きな出費になりますよね。そこで注目を集めているのがエコバッグ。繰り返し使えるマイバッグを持ち歩く流れが加速、定番化しています。

毎日の生活に浸透してきたエコバッグ

持っていればいざというときに使える便利さから、毎日の生活に浸透してきたエコバッグ。
様々な素材で個性豊かな形状のバッグが増えていて、自分の好みにあった1個に出会えるはず。

自分の生活にあったバッグを選んで、毎日の暮らしをサポートしてもらいませんか?

まとめ買いが主流に。エコバッグで無駄な出費を抑える

エコバッグで無駄な出費を抑える

最近、買い物の仕方に変化が出ています。これまでは生活スタイルによって買い物の頻度は大きく違い、毎日派、週に数回派、週末のまとめ買い派など様々なスタイルがありました。しかし、新型コロナウイルスの流行を皮切りに、数日分をまとめ買いするスタイルが増えてきているんです。

数日分をまとめ買いするスタイルが増えてきている

レジ袋であればお店の方が適した大きさ、枚数を用意してくれますが、エコバッグはそうはいきません。エコバッグの場合、持っている枚数や入る容量は買い物する前から決まっているもの。だからこそ、自分の生活スタイルに合わせたバッグ選びが大切です。1回の買い物量はこれくらい、だからこの容量が必要ということを把握するためには、自分の今までの買い物スタイルを振り返ることが大切。しっかりと振り返ることで、必要以上の買い物を抑えることもできますよ。

バッグでそのまま保管できる?そのひと手間が省けるうれしさ

バッグでそのまま保管

エコバッグの使い方は、買ったものを持ち運ぶだけではありません。物によっては、買ってきたものをそのままの状態でストックすることができるんです。商品を家で仕分けして、適した環境で保管する…って意外と面倒。冷凍品や冷蔵品はどうにもなりませんが、買ってきてそのまま置いておければちょっとだけ楽ちんですよね。

エコバッグは新しい文化に。こだわりを持って選びたい

自分らしさのあるデザインを選びたい

エコバッグはただ持っていればいい、というわけではありません。使う時にきちんと使えることが大切。だからこそ、自分らしさのあるデザインを選びたいですよね。

シンプルな柄、ユニークな柄など、ファッションや生活に合わせて選ぶ。こだわりを持ってエコバッグを購入すれば、せっかく買ったけど使わない、をさけることができるはず。デザインや機能性を重視して、新たな文化に成長したエコバッグを暮らしに取り入れてみませんか?

1.<KIND BAG>エコバッグ

「KIND BAG(カインドバッグ)」はイギリスで生まれたエコバッグ

「KIND BAG(カインドバッグ)」はイギリスで生まれたエコバッグ。特徴はなんといっても、その素材。使用済みのペットボトルだけを使用して作られた、再生素材なんです。だからこそ、約50gとすごく軽い。持っていることを忘れてしまうくらいの軽さです。

たっぷりと収納できるようにマチがあって、縫い目も丈夫

でも、たっぷりと収納できるようにマチがあって、縫い目も丈夫。約20kgまでと大容量だからたくさん買い物しても大丈夫です。バッグの内側に、たたんで収納できるポケットも。使わない時はコンパクトに持ち運べるのもうれしいですね。

デザインもとっても個性的。

おしゃれに振り切ったデザイン。見た目にも楽しいデザイン

赤と白のストライプ、背景色とフルーツのコントラストがかわいいバナナ、ザクロ、深い紺~黒に色とりどりのピンクが斬新なマーブルなど、おしゃれに振り切ったデザイン。見た目にも楽しいデザインは、買い物途中で知り合いにあったときに話題になるかもしれません。

2.<ROLSER>スペイン発のおしゃれなショッピングカート

スペインから届いた「ROLSER(ロルサー)」は、便利なショッピングカート

スペインから届いた「ROLSER(ロルサー)」は、便利なショッピングカート。エコバッグは持ち運びやすいけど、重たいものを運ぶときはちょっと…というときも、ROLSERのカートであれば一安心。こだわり抜かれたタイヤでどんな道でも軽快に持ち運べるんです。

急な雨でも中に入れたものが濡れにくいのも魅力

開口部が大きく開くから、缶ビールのセットやトイレットペーパーなど場所を取るものでもスムーズに出し入れできちゃいます。完全防水ではないものの、水に強い生地を使っているから、急な雨でも中に入れたものが濡れにくいのも魅力です。

MIKシリーズはスタンダードなシリーズより5cmほど小さなサイズ

MIKシリーズはスタンダードなシリーズより5cmほど小さなサイズ。バッグの部分が取り外せる使い勝手の良さが光ります。

ネイビーなどシンプルな単色カラーはもちろん、ボーダーなどかわいいデザインも。高いデザイン性で、ファッションの一つとして生活に違和感なく馴染みます。

3.<VegieBAG>野菜をおしゃれに持ち運ぶ/ショッピングバッグ

「VegieBAG(ベジバッグ)」野菜を持ち運ぶことを考えて作られたバッグ

野菜の素晴らしさを表現したい、そんな想いで作られたのが「VegieBAG(ベジバッグ)」。野菜を持ち運ぶことを考えて作られたバッグです。

スーパーや市場で買った野菜をそのままでもおしゃれに持ち運べる作り

内側と外側に作られた大小さまざまなサイズのポケットは、野菜を入れてちょうどいいサイズ感。スーパーや市場で買った野菜をそのままでもおしゃれに持ち運べる作りです。何より、ニンジンなどの根菜類を土に埋まっている状態と同じように立てたまま保存できて、新鮮さを長く保てるんです。

野菜を入れてちょうどいいサイズ感

生地はコットンキャンバス。16オンスと厚みがあるから、重たい野菜を入れてもしっかりと持てるのが魅力です。自立できるしっかりとした作りだから、買ってきた状態で、そのままぽんっと置いておける。それだけで野菜専用の収納に早変わりします。

エコバッグとしてはもちろん、ママバッグとしても使えます

床に置いてガバッと広げられ、中に入れたものを取り出しやすいのもポイント。エコバッグとしてはもちろん、ママバッグとしても使えます。

4.<ENVIROSAX>プリントエコバッグ

オーストラリアで誕生したエコバッグ、「ENVIROSAX(エンヴィロサックス)」

オーストラリアで誕生したエコバッグ、「ENVIROSAX(エンヴィロサックス)」。環境に配慮して作られていて、売上の一部がオーストラリアの環境保護団体に寄付されているエコな製品。

急な雨が降ってきても安心です。大き目のレジ袋と同じくらい入って約20kgまで耐えられる

丈夫で薄い素材は、はっ水効果が。急な雨が降ってきても安心です。大き目のレジ袋と同じくらい入って約20kgまで耐えられるのに、持ち手の幅が広めに作られているので、肩にかけても負担が少ないのもうれしいところ。

バッグの中にスマートに収納できる

プラスチック製のスナップボタンがついていて、くるくると小さく折りたたんでからパチンと留められる。バッグの中にスマートに収納できるんです。

植物をテーマにしたボタニカルデザイン

植物をテーマにしたボタニカルデザイン、独特な柄と色が特徴のエスニックデザインなど、デザインがとっても豊富。大柄でも主張しすぎず、さりげなくまとまっている、大人の遊び心が詰まったデザインです。

使いやすいからお気に入りがきっと見つかる

機能性もデザインも兼ね備えた、便利なエコバッグ

エコバッグは食料品の買い物はもちろん日用品の買い物にも使うから、丈夫で使いやすいものを選びたいですよね。機能性もデザインも兼ね備えた、便利なエコバッグばかりをご紹介しました。たくさんの種類の中からお気に入りを見つけて、エコな生活を送りませんか?

関連記事

PICK UP