ストレスを忘れて物語の世界へ。ゆったり読書時間をつくりませんか

生活日用品

ゆったり読書時間

ストレスをためないために。読書のすすめ

ストレスはためないのが一番ですが、どうしてもたまってしまうもの。そんな時に、自分に合ったリフレッシュ方法があれば、お守りのように思えるはずです。

ストレスを和らげる方法は、音楽鑑賞やショッピングなどさまざま。そんな数あるストレス解消法の中でも、イギリスの大学で行われた研究によると、ストレスの軽減度合いが一番高いのは読書という結果が出ました。
読書の効能やおすすめの読書方法を知って、ストレスを吹き飛ばしませんか。

いいこと色々。ストレス解消になる読書習慣

ストレス解消になる読書習慣

ストレス軽減方法には、音楽鑑賞や散歩、ゲームなど色々とありますが、中でも読書はストレス軽減度が一番高いんです。日頃から本を読む習慣のある人は、生活の満足度が高く、うつ病になる可能性が低いなどの傾向もあります。さらに、寝る前に読書すると睡眠の質改善にもなりますよ。

参考リンク:TELEGRAPH.CO.UK-「Reading ‘can help reduce stress’」

KLIPPAN ミニブランケット

肌寒いときはブランケットを準備して。なめらかな肌ざわりのブランケットに包まれれば、より一層心地よく読書の時間を過ごせそうですね。

KLIPPAN ミニブランケット/ムースはこちら。

読書がストレス解消にいい理由

【ストレスの原因から意識が逸れる】

ストレスを受けると脳の一部が活発に働き、ネガティブな考えが次から次へと思い起こさせてしまいます。でも、読書中は本の内容に集中するので、ストレスの原因を忘れられます。このあいだに活発に働いていた脳の一部分が落ちついて、ストレス解消につながるんですよ。

本の内容に集中

【デジタル機器に触れない】

スマートフォンやPCといったデジタル機器から出ているブルーライトが眼精疲労や肩こりなどの痛みを引き起こし、ストレスの原因となることもあります。SNSによるコミュニケーションが心を疲れさせることも。
読書中は自然とデジタル機器に触れなくなるため、ストレスの原因から離れられる時間を作ることができます。

ストレス解消に特におすすめなのは小説

読書でストレスを解消するなら、多くの人間関係や感情に触れられる小説がおすすめ。作品の登場人物の感情を自分に投影したり、人物の関係性を考えたり、自然とコミュニケーションがとれます。コミュニケーション欲求が満たされることが、ストレス解消になるんですよ。

いつもと違った環境で読書をしたいなら

【森の図書室】

森の図書室

本を読みながら、飲んだり食べたりおしゃべりしたりが大歓迎の図書館。人気小説に出てくる食べ物をメニューに取り入れています。毎日深夜24時まで開いているので仕事が終わった後でも利用できます。
物語に登場する料理やドリンクをイメージしたメニューも充実していますよ。

仕事が終わった後でも利用

森の図書室
住所:東京都渋谷区円山町5-3 萩原ビル3F
利用料金:会員年会費10,800円、非会員500円/回

【文喫(ぶんきつ)六本木】

文喫

約3万冊の本と出合う、入場料のある本屋さん。ひとりでじっくり集中するための閲覧室や数人で利用可能な研究室なども設置。掘り出しものや珍しい本に出合えそうな本屋さんです。

じっくり集中するための閲覧室

文喫 六本木
住所:東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F
利用料金:1,500円(税別)※土日祝は1,800円(税別)
※18時以降は1,000円(税別)

泊まれる本屋で日常生活から離れてみよう

【BOOK AND BED TOKYO】

BOOK AND BED TOKYO

読書しながら夜更かししたい時に迷わず直行したいのが泊まれる本屋「BOOK AND BED」。夜中まで本を読んで眠くなったらそのまま寝れるという本好きにはたまらない空間です。しかも、宿泊価格はシングルで1泊5,000円からとリーズナブル。wi-fiも無料で使用できるのもうれしいですね。

泊まれる本屋

BOOK AND BED TOKYO SHINJUKU
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-27-5 歌舞伎町APMビル8F
利用料金:5,000円~ ※土日祝前日は変動あり

読書の習慣のない人も気軽に始めてみよう

ストレス解消や睡眠改善などに役立つ読書。これまであまり本を読まなかった人でも気軽に始められるのがいいですね。
まずはご紹介したスポットを訪れて、日常生活からかけ離れた特別な空間の中で物語の世界に浸ってみませんか。

こちらもおすすめ。季節の変わり目に試したいセルフメンタルケア

関連記事

PICK UP