『だるまさんが転んだ?』

コラム3「日々を 紡ぐ」

一緒に歩いてくれる猫

街を歩いていると、たまに一緒に歩いてくれる猫に出会います。

ジリジリという音が聴こえそうな日射しの中、長い一本道をお供してくれたこの子は 私が歩くと進み、止まると止まるという律儀な子猫でした。 
まるで並走しながら「だるまさんが転んだ」をやっているような気分にさせてくれた思い出の子です。

 

 

写真・文:金森玲奈(写真家)

東京都生まれ。街に生きる猫と何気ない日々のカケラを撮り続けています。手に取れる形で写真を残す大切さを伝えるワークショップやフォトレッスンを不定期で開催中。
3本足のふーと耳の聴こえないむー、カメラマンの夫の2人と2匹暮らし。

HP:https://www.kanamorireina.com/
Instagram:https://www.instagram.com/kanamorireina/

関連記事

PICK UP