『神さまの庭で』

コラム3「日々を 紡ぐ」

キノコ

都心の真ん中にある明治神宮。  
子供の頃から母に連れられて遊んだ記憶もある、なつかしい場所のひとつです。  
清々しい参道を包み込むように広がる明治神宮の森は管理されているとはいえ、自然のままの佇まいで変わらずそこに居てくれます。

そんな森の中でふと目に止まったのは人差し指ほどの大きさのキノコ。
こんなに小さいのに存在感は抜群で、ここにも神さまが宿っているだなと感じました。  

 

写真・文:金森玲奈(写真家)

東京都生まれ。街に生きる猫と何気ない日々のカケラを撮り続けています。手に取れる形で写真を残す大切さを伝えるワークショップやフォトレッスンを不定期で開催中。
3本足のふーと耳の聴こえないむー、カメラマンの夫の2人と2匹暮らし。

HP:https://www.kanamorireina.com/
Instagram:https://www.instagram.com/kanamorireina/

関連記事

PICK UP