育てるほどに愛おしくなる。ミニ盆栽をはじめよう

インテリア雑貨

ミニ盆栽をはじめよう

まるで手のひらサイズのお庭。ミニ盆栽でグリーンのある暮らし

盆栽と聞くと、なんだかお手入れが難しそう。ちょっと縁遠いものと思ってしまいませんか。観葉植物と違って、樹形を整えながら楽しむ盆栽は、じっくり植物と向き合って生まれる芸術作品。

最近では、松や梅などの和風なものばかりでなく、オリーブなどの洋風のものも登場し、かわいいと人気を集めています。特に、小さく仕立てるミニ盆栽は、趣味として始めるにはぴったり。自分だけの素敵なミニ盆栽を育ててみませんか。

ミニ盆栽とはどんなもの?観葉植物との違い

盆栽は、鉢に植物を入れ鑑賞するもの。植え付ける鉢と植物のバランスが大切なので、鉢選びも重要なんです。観葉植物は植物の成長具合によって一回りずつ鉢を大きくしながら育てていきますが、ミニ盆栽は鉢を大きくすることは基本的にはありません。伸びた部分の枝や、根を切って詰めることで小さいまま育てることが特徴です。

ミニ盆栽は、樹高が約10cm未満になるように樹形を整え、浅い鉢に植えます。また、土の上に生えている草も作品の一部で、調和を楽しむことで雄大な景色や、違った世界を感じることができるんですよ。

素敵な魅力がいっぱい!インテリアにも取り入れやすい

手のひらサイズというコンパクトさが魅力のミニ盆栽は、小さく軽いため持ち運びしやすいところも育てやすいポイントの一つ。省スペースにも飾れるので、玄関やリビング、キッチンなどどんな場所へ置いてもアクセントになり目を引く存在になってくれます。ミニ盆栽を眺めながら、ゆっくりとティータイムをしても素敵です。切り花よりも長持ちするため、育てる楽しみもありますよ。

盆栽は5種類に分けられる。自分にピッタリのものを探そう

植え付ける木によって、5種類に分けられます。

【松柏盆栽】

れぞ定番ともいえる、五葉松や黒松

これぞ定番ともいえる、五葉松や黒松。小さくても存在感があることが特徴です。

【花物盆栽】

梅や桜など木に花が咲くタイプ

梅や桜など木に花が咲くタイプです。小さくてもしっかり花を咲かせてくれるため、花が咲く時期にはお部屋の中で花見ができますよ。

【葉物盆栽】

紅葉や楓など葉っぱが楽しめるタイプ

紅葉や楓など葉っぱが楽しめるタイプです。綺麗に色づく様子は山などで見る木と一緒 です。

【実物盆栽】

季節に合わせて実がなる

姫りんごや、深山カイドウ、南天など実がなる商品です。季節に合わせて実がなるので季節を感じられるインテリア。

【苔玉盆栽】

草類や木を苔で作られた玉で包むタイプ

草類や木を苔で作られた玉で包むタイプです。お手入れしやすいので初心者の方におすすめ。

育てる環境で選ぶ。和洋風別おすすめタイプ

インテリアの雰囲気に合わせて選ぶことも大切なポイントです。

和風のお部屋に似合うのはシノブ

和風のお部屋に似合うのはシノブです。鮮やかなグリーンがワンポイントとしてオシャレ。苔玉をアレンジしても素敵ですよ。

葉っぱが可愛らしいコロキア

洋風に似合うミニ盆栽は葉っぱが可愛らしいコロキアです。鉢を白色にするとインテリアとの相性も良くなります。

楓や桜など日陰でも育ちやすいタイプ

日当たりが気になる方は、楓や桜など日陰でも育ちやすいタイプを選ぶとお世話がしやすくなりますよ。

置き場所にも注意。長く楽しむために気をつけたいこと

ミニ盆栽は、基本的に日当たりが良く風通しのいい屋外に置いてあげましょう。特に夏は注意が必要で、ベランダや室外機の上など照り返しが強い場所に置くと葉が焼けてしまいます。

土が少ししかないミニ盆栽は枯れてしまうこともあるため気を付けましょう。冬は霜が根を傷めてしまうこともあるため、日当たりのいい窓際がベストです。

水やりのポイントは?可愛いアイテムで楽しくお世話

ミニ盆栽は乾燥させないことがポイント。季節によって頻度は変わりますが、鉢が小さく乾燥しやすいので基本的には毎日水やりが必要です。根本を中心にたっぷり回しかけます。夏は1日に2回、冬は2日に1回がベストです。

また、美しい葉を保つためには土埃を洗い流すことも、水やりの大切なお世話のポイント。霧吹きを使って植物全体を湿らせるように葉水をかけてあげると、葉からも水分を九州して育成がよくなりますよ。

【Plastex(プラステックス)北欧デザインのジョウロとスプレーボトル】

ユニークなフォルムのジョウロとスプレーボトル

楽しくお世話をしたいならこの商品がオススメ。倒れてしまいそうなユニークなフォルムのジョウロとスプレーボトルは、フィンランドのブランド「Plastex(プラステックス)」製。
鉢に水やりをする時はジョウロを、葉水を掛けてあげる時にはスプレーボトルを使うといいですよ。

Plastex 北欧デザインのおしゃれなジョウロ・スプレーボトルはこちら。

贈り物としても喜ばれる。緑が安らぎの空間を演出

ミニ盆栽は、コンパクトな手のひらサイズなので持ち運びしやすく、意外とお世話が簡単なので、お友達などにプレゼントしてもきっと喜ばれるはず。ちょっと変わったものを贈りたい方におすすめです。

インテリアと実用性を兼ねたアイテム

盆栽ではないけれど、小さなグリーンとしておすすめなのが「eco-pochi(エコポチ)」。eco-pochiはポットに秘密があり、観葉植物としてインテリアに溶け込みながら消臭もしてくれる優れものなんです。インテリアと実用性を兼ねたアイテムは、ギフトにぴったりですよ。

eco-pochi おしゃれに消臭できるインテリアグリーン/トゥーリオ(観葉セット)はこちら。

盆栽の世界観はそのままに。小さくて愛らしい存在

サイズは小さくても、盆栽が持つ独特の世界観や、植物の力強さといった魅力はそのまま。お水をあげたり、伸びた枝を切ったりしているうちに、より愛しい存在になりますよ。鉢選びからじっくり行って自分だけのオリジナルを作ってみましょう。

関連記事

PICK UP