リサ・ラーソンの洋服モチーフの花器。置くだけでも絵になる可愛さ

インテリア雑貨

リサ・ラーソンの洋服モチーフの花器

北欧から届いた、リサ・ラーソンのちょっと変わった花器

スウェーデンを代表する陶芸作家「Lisa Larson(リサ・ラーソン)」。その作品の1つにワードローブをモチーフとした陶器の花器(花瓶)があります。他にはない洋服をモチーフとしたデザインの花器は、インテリアのアクセントにも。

今回は、まるでクローゼットから飛び出したかのような花器、WORDROBE(ワードローブ)シリーズをご紹介します。

魅力的なキャラクターデザイン。スウェーデンの陶芸作家、リサ・ラーソン

Lisa Larsonは、スウェーデンを代表する陶芸作家。好奇心旺盛な彼女は、今年89歳を迎える現在でも、感性の赴くままに新しい作品を作り続けています。

かわいくらしい表情豊かなキャラクターデザインは、スウェーデンだけでなく世界中で多くのファンを魅了しています。
その作品は日本人でも広く愛されています。赤のストライプ柄が印象的な猫「マイキー」や、表情豊かなライオン、ハリネズミの3兄弟…どれも一度は目にしたことがありませんか?

お花の洋服。魅力的な花器、ワードローブシリーズ

Lisa Larsonの人気シリーズ、WARDROBE

Lisa Larsonの人気シリーズ、WARDROBE。1990年代から作り続けられている、見た目にも爽やかなお洋服をモチーフにした素朴なデザインの花器です。

例えば、DRESSはサマードレスがモチーフ。VESTはその名の通りベスト。胸元にお花のレースがデザインされているんです。
こういうデザインが本当にありそう、そう思わせてくれる日常に根付いたデザインたちです。

インテリアとして飾るだけ。オブジェとしても

見ているだけでも楽しくなってくるデザイン

見ているだけでも楽しくなってくるデザインは、草花を活けて飾るのはもちろんのこと、そのままオブジェとしても存在感を発揮。北欧雑貨が好きな人や、少し変わった花器でワンランク上の暮らしを楽しみたい人にもおすすめです。
たくさんの種類があるから、形違いで、色違いで、シリーズをそろえて並べるのも素敵ですね。

世界に一つだけの作品。手作りならではの風合いが楽しい

世界で一つだけの花器を愛でる楽しさ

Lisa Larsonの陶器は、一つひとつ、手作業で作られています。製品ごとに微妙な形の違いや、釉薬のかかり方による色の違いがあり、世界で一つだけの花器を愛でる楽しさがあります
底面に入っているサインだって、全部違う。作品によるちょっとした違いは、量産したものでは出せない、手作りならではの魅力です。

涼しげなサマードレスがモチーフ、DRESS(ドレス)

サマードレスをモチーフにしたDRESS

夏になると着たくなるサマードレスをモチーフにしたDRESSは、ワードローブシリーズの中でも特に人気の作品。
表面の光沢が柔らかく光輝き、淡い色合いと相まってどこか爽やかな印象を与えてくれます。

約17.5cmとしっかり高さがあるから、背の高い花も活けられます。
カラーはホワイト、ネイビー、グレーの3色。清潔感ある色合いで、大人っぽい雰囲気のインテリアにマッチしますよ。

首回りの花が女性らしいVEST(ベスト)

VESTは胸元のモチーフが印象的

VESTは胸元のモチーフが印象的。お花のレースを模している、可愛いデザインの花器です。
マットな質感は、ナチュラルながら落ち着いた雰囲気を醸し出します。

高さは約12cmで、シンプルなデザインだから存在感のあるお花を引き立ててくれます。
ほんのりとベージュが買ったホワイトのやさしい色合いは、お部屋のインテリアにもなじみやすいんです。

安定感のあるシンプルさが魅力のSWEATER(セーター)

ザックリと編まれたセーターがモチーフになっているSWEATER

ザックリと編まれたセーターがモチーフになっているSWEATERは、シンプルでしっかり存在感のあるデザイン。
横に広く、安定感のある見た目が魅力的です。

高さは約13.5cmと高すぎず、挿し口が横に広い作りだから、あえて葉をつけたままお花を飾るのがおすすめ
枝ぶりのいいお花だと枝がちょっと垂れてきて、空間を横に活かしてくれるんです。

リサ・ラーソンの花器でインテリアをぐっとおしゃれに

オブジェのようなデザイン性の高い花器に鮮やかなお花を飾ると、お部屋をぐっと素敵に演出してくれますね。
WORDROBEシリーズは、ファッションコーディネートをする感覚でお花を活ける楽しみもありますよ。

お部屋で過ごす時間が長くなってきたからこそ、日常を彩ってくれるインテリアに囲まれて、心地よい時間を過ごしませんか?

関連記事

PICK UP