愛らしいMADOのポスター。お部屋をおしゃれにランクアップ

インテリア雑貨

愛らしいMADOのポスター

生活にインテリアポスターを取り入れてみませんか?

「何だか我が家のインテリアって味気ない」なんて感じていませんか。
ポスターを1枚貼るだけでも、お部屋のイメージはおしゃれに変わりますよ。

ぬくもりのあるタッチの「MADO(マド)」のポスターがおすすめです。

コペンハーゲン生まれのポスターブランド「MADO」って?

MADOはコペンハーゲンを拠点とした2つのデザイン会社による共同プロジェクトです。
1社は国際的にも評価の高いインテリアデザインを世に送り出してきた企業。
そしてもう1社が、ポスター専門のデザインブランドの企業なんです。

MADOはコペンハーゲン生まれのブランド

そのデザインはおしゃれで独創的、そしてどこかくすっと笑いを誘われるようなぬくもりに満ちています。
ブランド名の由来はそのまま日本語の「窓」。子どもたちと世界をつなぐ窓でありたいという思いから名付けられました
たくさんの窓から、子どもたちはどんな景色を覗くのでしょう?

地球のことも考えたやさしいポスター

素材には地球にやさしい素材を使用

MADOの製品は地球環境にもやさしい製法で作られています。

それを示す一例がノルディックスワンマーク
北欧5カ国が参加するエコラベル制度で、環境負荷に配慮した方法で生産されていることを証明するものなんです。
エコ先進国のデンマークで厳格な基準に則って製造されているものなので、おしゃれを目指すお部屋のインテリアにも安心して取り入れられますよ。

お部屋にインテリアに取り入れやすいポスター

素材にもこだわっていて、原料はFSCマークの付いた紙と決められています。
これは木材や紙製品がきちんと管理された森林から作られていることを示す規格。国際的にも認められているものです。
生産元の確かな素材を使うことで、世界の森林の保全に協力しているんですね。

どれを飾ろう。目移りしそうなキュートなデザイン

豊富なデザインもMADOの魅力の一つ。
作品ごとに絵のタッチやテイストが異なるので、きっとお気に入りの1枚が見つかりますよ。

【動物モチーフ】

MADO_動物モチーフ

イヌやウサギ、パンダなどのかわいい動物から、カメレオンのようなちょっぴり個性的な生物まで、さまざまな動物が大集合です。
余白を活かしたデザインだから、かわいけど子供っぽくない。おしゃれで洗練された印象なんです。

【食べ物モチーフ】

MADO_食べ物モチーフ

イチゴやバナナなど、おいしそうなフルーツを描いたものも。
ポップなフルーツのイラストは毎日を新鮮な気持ちで過ごしたい方におすすめです。
キッチンやダイニングの壁に貼れば、食事の時間がいっそう楽しみになるかもしれませんね。

サイズは2種類。飾りたいところに合わせて選んで

サイズは50×70cmと30×40cmの2種類から選ぶことができます。

50×70cmは一般的なポスターのサイズで、B2版より少し小さめ。
壁に貼ったり床に置いたりするのに向いています

30×40cmはお手頃A3版サイズで、だいたいコピー用紙2枚分の大きさです。
棚などに置いて飾りたいなら、こちらのサイズをおすすめします。

サイズが合っていないとせっかくのポスターもちぐはぐな印象に……。
飾りたい場所の計測はあらかじめ済ませ、ポスターを飾るときの配置をしっかりイメージしておきましょう。

お家のどこに、どんなふうに飾る?

どこに飾るかで印象も変わる

リビングに、寝室に、子供部屋に。
同じポスターでも、どこにどうやって飾るかで印象もぐっと変わってきます。

リビングなどの居室なら、目線の高さを意識して配置するのがおすすめ
座って過ごすことが多い場所だから、少し低めの位置に貼る方が視界に入ってきやすくなりますよね。
印象的な1枚でアクセントにするのも良し、何枚かを並べて貼るのも良し。
複数枚をレイアウトするときは、ポスターの間は5センチ以内にするとまとまりがいいですよ。

フレームに入れて飾るなら、壁には貼らずに棚の上で壁に立てかけたり、床に直接置いてもおしゃれ。
フレームの色次第でポスターの印象もガラッと変わります。
子ども部屋なら白やピンク、水色など明るい色がいいですね。

MADOのポスターなら、貼り方いろいろ

そのまま壁に貼っても楽しめます。
ラフにマスキングテープなどでとめたり、あえて斜めに貼ってみたり、角を重ね合わせて貼るなんていうのも直貼りならでは。

気軽に飾れるポスターだから、自由自在に楽しんでみませんか?

こちらもおすすめ。墨で描く北欧の世界

スタイリッシュなデザインがお好みなら、「Teemu Jarvi(テーム・ヤルヴィ)」のポスターもおすすめ。北欧の自然を繊細に描き出したデザインに心惹かれるはずです。

北欧の自然を墨で描いたTeemu Jarvii(テーム・ヤルヴィ)のポスターはこちら。

関連記事

PICK UP