日常で小さな幸せを感じる。デンマークに学ぶヒュッゲ

インテリア雑貨

デンマークに学ぶヒュッゲ

hygge(ヒュッゲ)を取り入れて、おうち時間を豊かに

ヒュッゲとは、私たちが幸せを感じつつ日々過ごせるヒントがたくさん詰まっているデンマークの考え方。日本に住んでいても、自分の考え方や意識次第でヒュッゲは簡単に取り入れられるんです。

とはいえ、いきなり日々の生活で全てヒュッゲを意識するのは難しいかもしれません。まずはお家で1人になったときや週末のちょっとした時間に取り入れられるよう、環境を整えてみませんか。

心地よい空間を大切に。ヒュッゲという考え方

ヒュッゲがどんな意味かを日本語で表そうとしても、ぴったりな言葉はありません。
居心地がよい空間を大事にする、楽しい時間をゆったりとした感覚で過ごす、といった意味合いで使われることがほとんどです。

世界の幸福度調査で何度も上位にランクインするデンマーク。
長い冬のお家での過ごし方を工夫したり、家の中に自然を感じるものを置いたりしてヒュッゲを取り入れているんです。

家族や友人との時間を大切に。飾らないホームパーティー

デンマークでは、近くに住む人や友人を家に招いてホームパーティーをすることが珍しくありません。昔ながらの日本のような、アットホームな関係性ですね。

ホームパーティー

日本ではホームパーティーと聞くと少しあらたまった印象を覚えるかもしれません。
デンマークのホームパーティーは部屋を装飾したり豪華な料理を作ったりはせず、普段と変わらない自然体で行われます。

ホットプレートを囲んで、料理を作る過程から楽しむのも無理せずパーティーを楽しむ方法のひとつ。
招く人も招かれる人も、みんなが快適に楽しく過ごせることが大前提。

白いホットプレート

PRINCESS 白いホットプレート/テーブルグリルピュア

今の日本で考えるなら、リモートパーティーも充分ヒュッゲになりそうですね。

時間の流れを意識してヒュッゲを感じる

どうすればヒュッゲを感じられるか分からない…そんなとき、まずは時間の流れを意識してみてください。

マッサージキャンドル

穏やかで優しい時間を感じたいなら、部屋の照明を消してキャンドルを灯してみませんか?
炎のゆらめき、暖かい印象のオレンジ色の光はストレスをやわらげてくれます。

アロマキャンドルでお気に入りの香りで部屋を満たすのも、くつろげるムードを演出するのにおすすめです。

ハリケーンキャンドルウォーマーランプ

自宅で火を使うのが不安なら、熱でキャンドルを温めるウォーマーランプを。
溶けたロウをマッサージオイルとして活用できるキャンドルなら、身体もリフレッシュできますよ。

火を使わずにアロマキャンドルが楽しめる ハリケーンキャンドルウォーマーランプ
KLINTA 溶けたロウがオイルになるマッサージキャンドル

花のある暮らしでヒュッゲを感じる

花のある暮らし

お部屋に花があるだけでも、雰囲気がぐっとやさしくなりますね。
花を飾ると自然とお部屋を片付けるようになったり、疲れがやわらいだりすると言われています。

花に関する知識が無くてもいいんです。色でも、花言葉でも。花瓶がなければお気に入りのコップに、気になった花をそっと活けてみませんか。

花と新聞の定期便

定期的に季節の花が届くサービスなら、手軽に花のある生活を送れます。花に関するストーリーが載せられた新聞付きで、いつの間にか花に詳しくなっているかも。

花と新聞の定期便

今あるものに感謝する

ヒュッゲは今あるものに感謝し、今という時間を大切に生きることでもあります。必要以上に気を配らず、自然体でいることがデンマーク流のヒュッゲ。

時間を有効に使おうと忙しい日々を送ることは悪いことではありませんが、いろいろな事に頑張りすぎると息切れしてしまうことも。

ときには肩の力を抜いて、普段の過ごし方を少しだけ変えてみませんか。日々の暮らしの中でちょっとした事でも幸せを見つけることで、楽しく毎日が過ごせます。

車を置いて、自転車や徒歩でお出かけ

自然に触れるのもヒュッゲの過ごし方の一つ。ちょっとした外出なら、車や交通機関を使わず自転車や徒歩で。
通り道の街路樹や近所の公園。木々に触れ、花の香りに季節を感じればそれもヒュッゲです。

HEY DUDE 驚くほど軽いシューズ

軽やかに歩けるシューズを履いて、外への一歩を踏み出してみませんか。

HEY DUDE 驚くほど軽いシューズ/WENDY

心地いい時間と空間を演出する

特別な時間を演出することもヒュッゲを楽しむためのポイント。とは言っても、大掛かりな準備をする必要はありません。

HARIO ドリップポット・ウッドネック

休日の朝、すこし丁寧にコーヒーを淹れてみるなんてことでいいんです。たまには自宅でコーヒーをドリップして、その香りを楽しみながらゆっくりと抽出。

木目が美しいドリップポットなら、そんな時間を特別なものにしてくれますよ。

HARIO ドリップポット・ウッドネック/オリーブウッド

ヒュッゲとは心地よい時間や空間を楽しむもの

ヒュッゲを取り入れるために、無理をしていつもと違ったことをするのでは意味がありません。気軽に小さなことから変化させていくのが大切です。

ささやかなアイテムを取り入れたり、自然を感じたりすることで充分ヒュッゲを感じられます。ちょっとした変化を楽しんで、幸せな時間を増やしてみませんか?

こちらもおすすめ。スウェーデン流の過ごし方フィーカ

北欧ならではの考え方は国によって多少の違いはありますが、心地よさを求めるという点ではどこもほとんど同じ。スウェーデンで生まれたフィーカの考えを取り入れるのも素敵ですよ。

北欧の素敵な習慣、フィーカの魅力と楽しみ方の記事はこちら。

関連記事

PICK UP