北欧の素敵な習慣、フィーカの魅力と楽しみ方

キッチン

フィーカの魅力と楽しみ方

おうちでカフェを楽しむフィーカをはじめてみよう

「勤務形態がリモートワークに変わってから、ちゃんと休めていない気がする」とお悩みの方はいませんか?
通勤をせずに済み自分のペースで働けるリモートワークですが、仕事と休みの切り替えがうまくできないと、だらだらと仕事をしてしまうことも…。かえって働きすぎて疲れている方も多いようです。

おうちでカフェを楽しむ

スウェーデンの生活に根付く習慣、フィーカとは

フィーカは、スウェーデン流のおうちで珈琲と甘いものを楽しむ習慣。おうちでカフェを楽しむイメージです。とはいっても、特別な準備は必要ありません。仕事をいったん止めて、コーヒーと甘いものを楽しみながらゆったりしとした時間を過ごすだけでいいんです。

働きすぎると集中力が低下します。フィーカを挟んで適度に休むことで気分転換になり、仕事に戻ったときにまた集中できて効率化も図れます。

フィーカを取り入れる時間は、特に決まりがありません。午後のおやつの時間や夜など、自分の好きなタイミングでいいのです。

自宅でくつろげる空間を見つけよう

フィーカで大切なのは、大切なのはお気に入りの場所を見つけること。気温が寒いスウェーデンでは暖炉を囲んで…というのも多いものの、それにこだわる必要はありません。

重要なのは自分が落ち着く空間で過ごすこと。日本なら、リビングやベランダ、こたつのある部屋などもくつろげる場所のひとつに挙げられます。ポスターやお花などを飾ったりして、忙しい日常を忘れられる空間を作ってみましょう。

コーヒー消費量がとっても多い。北欧の人々はコーヒー好き

北欧の人々はコーヒー好き

コーヒーというと南米などのイメージが強いかもしれませんが、意外にも消費量が多いのは北欧。一日に何回もコーヒーを飲むほど、コーヒーが大好きなんです。

だからこそ、フィーカでもやはり多く飲まれるのはコーヒー。インスタントでもコーヒーメーカーでも、自分の好きな方法でコーヒーを用意すればよいのです。もちろん、コーヒーが好きでなければ紅茶でも大丈夫ですよ。

せっかくなら本格的なコーヒーを楽しみたいという方は、「HARIO(ハリオ)」の円すい形のドリッパーでコーヒーを淹れてみてください。芳醇な香りとコク深い味わいが広がりますよ。

V60透過ドリッパー01/セラミックWはこちら。

疲れた心にほっこり染みる。コーヒーに甘いものを添えて

甘いものは早いスピードでエネルギーに変わるので、疲れたときのエネルギーチャージにぴったり。
フィーカでも甘いものを一緒に摂ることが多く、フィーカの本場スウェーデンでは、「シナモンロール」「キャロットケーキ」「クッキー」などが人気です。

【シナモンロール】

シナモンロール

バターとシナモンをふんだんに使ったシンプルなものや、巻かずに長いパンのように焼いて切り分けて食べるものなどがあります。甘い味はコーヒーにピッタリです。

【キャロットケーキ】

キャロットケーキ

スウェーデンのカフェで定番のケーキ。材料にシナモンなどを使うとニンジンの風味が少し抑えられ、苦手な方でも美味しく食べられそうです。

とはいえ、必ずしも甘いものが必要というわけではありません。甘いものが苦手な人は自分の好きなコーヒーのお供を用意しましょう。

北欧風を満喫するなら、テーブルコーディネートにもこだわりを

スウェーデン流におうちでカフェを楽しみたいなら、テーブルコーディネートにもこだわってみてください。

北欧の食器やインテリアはシンプルなものが多く、洋風テイストはもちろん和風テイストにも合わせやすいのが特徴。まずは手軽に始めたいなら、北欧テキスタイルのペーパーナプキンを小物に取り入れてみるのがおすすめです。

テーブルコーディネートにもこだわりを

ほかにも、いつものアイテムにちょっと一工夫するだけで北欧風に。例えば、食器を北欧風のトレイに載せて用意するだけ。一気におしゃれ感が増して、十分に北欧の雰囲気が漂ってくるんです。

SAGALAGA DESIGN 北欧の自然を表現したトレイ/REVONTULI オーロラ(大)はこちら。

ビレロイ&ボッホ ニューウェイブカフェシリーズ

カップだって、セットアイテムを使えばそれだけで様になるんです。ビレロイ&ボッホのニューウェイブカフェは、美しい曲線を見ているだけでもなんとなくほっこりしませんか?

ビレロイ&ボッホ ニューウェイブカフェシリーズ/ペアマグ+プレートセットはこちら。

お部屋の雑貨にもこだわって。くつろげる空間を演出しよう

フィーカを堪能するために、目に映るものにもこだわってみましょう。窓からの景色や自宅の庭、こつこつ集めたお気に入り雑貨などを眺めれば、さらにゆったりとした気持ちになれそうですね。

スウェーデンの人は暖炉の炎を眺めて一息つく人も多いようですが、日本で同じように炎を見つめるのは難しいもの。代わりにキャンドルやアロマランプを灯してみるのがおすすめです。炎の揺らぎが心を穏やかにしてくれますよ。

ARABIA パラティッシ

視覚を刺激してリフレッシュするなら、食器をおしゃれなものに揃えてみるのも良いでしょう。アラビアの食器は大胆な花が描かれた、見ていて飽きないデザイン。実用性もあるから、普段使いにもいいですね。

ARABIA パラティッシ/マグカップはこちら。

フィーカを取り入れて、日常に自分流のリフレッシュタイムを

北欧のフィーカでは仲間や家族で集まっての交流を大切にしていますが、1人でも楽しむことができるんです。
おうちでのんびり過ごすなど、フィーカの楽しみ方はさまざま。テレビ電話を使って、現代風に友人と”リモート・フィーカ”を楽しんでみてもいいですね。

のんびり過ごすのが大好きな北欧の習慣フィーカを取り入れて、休み上手になりましょう。

こちらもおすすめ。デンマーク流のヒュッゲで心地よいときを

スウェーデン流のフィーカ以外にも、北欧には心地よい暮らしへの考え方が多いもの。例えば、デンマークの「hygge(ヒュッゲ)」は居心地のいい空間を大切にする、という考え方。
北欧流の過ごし方で、忙しい毎日にほっと一息つきませんか?

日常で小さな幸せを感じる。デンマークに学ぶヒュッゲの記事はこちら。

関連記事

PICK UP