薬もスタイリッシュに収納。Yamazakiのおしゃれな救急箱

インテリア雑貨

Yamazakiのおしゃれな救急箱

救急箱があればいざというときにも安心!

ケガをしたときに絆創膏を探したり、体調が悪くなったときに使いたい薬が出てこなかったり。家のあちこちを探し回った経験はありませんか?

おうちで怪我をしたときや具合が悪いときに役に立つ救急箱。絆創膏や包帯、薬などをまとめて入れておけるので便利な収納アイテムのひとつです。こういったアイテムはまとめて管理しておくことで、薬の在庫量なども把握しやすく、家族の誰かがケガをしたときにもサッと必要なものが取り出せます。

お部屋のインテリアにもマッチする、おしゃれなデザインのものがあるんです。ここではシンプルで見せる収納としてもおすすめの機能的でおしゃれな救急箱をご紹介します。

薬を整理するときに収納のコツはある?

薬を整理するときに収納のコツ

風邪薬や鎮痛剤、塗るタイプのものや花粉症用のもの、目薬など種類や量が多いと、いざというときにすぐに見つかりにくいものです。ここでは、整理しやすい収納のコツについてご紹介します。

【分ける時は塗り薬と飲み薬で】

まずは塗るタイプと飲みタイプで分けるのがおすすめです。仕切りや引き出しなど区切りがあるケースを使うと、塗り薬と飲み薬が混ざりにくくなるでしょう。

【塗り薬は洗面所に飲み薬はキッチンに】

塗り薬を使用後は、手を洗うため洗面所に収納しておくと便利です。水で飲む飲み薬はキッチンにおいておくとよいでしょう。

【分類にはジップ式の空袋を活用】

ジッパー付き収納袋で縦に収納すればかさばらず、必要なときにさっと取り出しやすいでしょう。また袋収納は中身が散らばりにくいのもメリットです。

【ラベリングで取り出しやすく】

収納の際に、薬の名前、1回の量や飲むタイミングなども書いてラベリングしておくと分かりやすいです。また、病院から処方されたものは、説明書も同封しておくと安心です。

木蓋がナチュラルなアクセント。tower(タワー)のおしゃれで機能的な救急箱

木蓋がナチュラルなアクセント

シンプルだけどちょっと技あり!な日用品を揃えるYamazaki「 tower(タワー)」シリーズの救急箱をご紹介します。

サイズは幅27cm×奥行14cm×高さ19.5cm(取っ手含む)。たっぷり収納できる大容量タイプです。季節によって薬の種類や量が増えたときにも安心です。その他にもハサミやテープ、体温計などの道具も一緒に収納できます。箱の中には仕切りの入ったトレーがあり、薬や処置に使う道具を出して整理するときにも便利です。救急箱の持ち手で外出時や台風、地震など災害のときに持ち運びやすいのもメリット。

蓋には天然木を使った温かみのあるデザイン

蓋には天然木を使った温かみのあるデザインは、一見すると救急箱に見えないほど洗練されており、見せる収納としてもおすすめ。カラーはホワイトとブラックの2色です。

いざというときのために。整理しやすい救急箱を。

整理しやすい救急箱

ホームケアに必要な救急箱は、おうちに欠かせないアイテムのひとつ。家族構成の変化や季節、体調に応じて、救急箱の中は定期的に補充し整理しておくといざというときにも安心です。

シンプルなデザインのものであれば、お部屋の雰囲気にもなじみやすく見せるインテリアとしてもぴったり。家にひとつは用意しておきたい救急箱、モダンでスタイリッシュなデザインのものを選んでみませんか。

関連記事

PICK UP