スキレットで食卓を華やかに!「岩鉄鉄器」なら焦げない、錆びづらいってホント?

キッチン

鉄製のスキレットやフライパンは、高温に強く蓄熱性に優れ、丈夫で傷にも強く、使えば使うほど油がフライパンに馴染むので、どんどん使いやすくなるとても便利な調理器具です 。さらに、おしゃれな見た目や鉄製の持つ蓄熱性から食卓にそのまま出せて、熱々のお料理が楽しめます。そんな鉄製のスキレットとフライパンの中で特に注目したいのが「岩鉄鉄器」の鉄製品です。今回は、鉄製品を使うメリットと岩鉄鉄器の魅力についてご紹介します。

スキレット_イメージ2

鉄製のスキレット・フライパンの魅力

鉄製のスキレットやフライパンは蓄熱性が高いためそのままでテーブルに出せば、お料理の熱々の状態が長続きします。 なかでもステーキやアヒージョ、野菜炒めなどの料理に向いている調理器具です。また、見た目がおしゃれなものが多く、例えばスーパーで購入した普通のソーセージを、スキレットで焼いてそのまま食卓に出すだけで、できたて熱々のお料理がテーブルを華やかにしてくれます。さらに、鉄製なので丈夫で傷に強いので汚れやコゲつきもゴシゴシ洗う事ができ、洗剤を使わなくても良く、頑丈で長持ちするのでエコでサスティナブルな調理器具ともいえます。 

そんなメリットが多い反面、デメリットもあります。まずは、初めて使用する際の「焼き込み」という防錆加工を除く作業。さらに、毎回の使用後に、水分でのサビを防止するための  「空焼き」。そして、女性にはちょっとずっしりとくる重量感と、フライパンに馴染んだ油が浮き出るので「煮込み」や「茹でる」といった調理法には向かない、などがあります。

スキレット_イメージ1

【Northmallおすすめ】「岩鉄鉄器」の魅力とは

数ある鉄製のスキレットやフライパンの中でも、特におすすめなのが「岩鉄鉄器」の「ダクタイルシリーズ」です。従来の鉄製のものとは違う、その優れた特徴についてご紹介します。

薄くて軽い

鉄製のスキレットやフライパンは、アルミやステンレス製に比べ、強度を保つために厚みをもたせる必要があります。そのため、どうしても本体重量が重いのが難点でした。その問題を解決したのが、岩鉄鉄器が独自開発した「ダクタイル薄肉化技術」です。強度を保ちつつ、従来の鋳物製品の半分の薄さと軽さを実現し、華奢な女性でも扱いやすく、ずっと使い続けられます。

もちろん、鉄独特の重厚感とおしゃれさはそのままなので、食器に移し替える必要なくテーブルを華やかに彩ってくれます。

スキレット_イメージ3

錆びづらく焦げ付きにくい

一般的な鋳鉄製のスキレットやフライパンは、熱伝導が優れているため焦げ付きやすく、錆びやすいため、使用後に油を塗るなどのメンテナンスが必要でした。しかし、岩鉄鉄器は違います。独自の表面改質処理によって焦げ付きにくく、錆びづらいので、使ったら食器と同じように洗って乾かすだけ。面倒なメンテナンスは不要です。

しかも、従来は油でコーティングする必要があったので「煮る」「ゆでる」といった調理法は不向きでしたが、岩鉄鉄器であれば、食材をゆでたり、煮込み料理が楽しめたりと、さまざまな料理で活用できます。

スキレット_イメージ4

鉄製のスキレットやフライパンは、短時間でおいしく調理でき、食卓を華やかにしてくれます。特に「岩鉄鉄器」の「ダクタイルシリーズ」なら薄くて軽く、従来の鉄製フライパンのデメリットでもあった、錆びや焦げにも強く、さまざまな調理に手軽に使えます。ぜひ、気になっていたけれど手が出せなかった方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

本格調理道具をお探しならばこちらもおすすめ

かわいいだけじゃない!実用性も!おすすめシャスールのホーロー鍋

関連記事

PICK UP