『連載を開始します!』

コラム1「北欧 フィンランドからの手紙」

Moi!(「もい!」は、フィンランド語で「こんにちは/やぁ!」の意味です)
この度、連載コラムを始めることになりました。
週に3回、フィンランドでの暮らしをゆるりとお届けしていきます。

私がフィンランドに暮らし始めたのは2014年の3月なのですが、あっという間に6年半と少しが経ちました。その前は東京でフィンランド関係の仕事をしており、月に1回ほど出張でフィンランドと日本を行き来していました。

この国との最初のご縁は子どもの時。父の親友がフィンランドの詩人で、また翻訳者として谷崎潤一郎の『細雪』や紫式部の『源氏物語』などをフィンランド語に訳している人ということで、子どもの頃からフィンランドは身近な国として感じていました。その頃は周りにフィンランドのことを知る人はあまりいなかったことを覚えています。

それから30年が経ち、フィンランドは経済的な発展を遂げ、デザインや教育、男女平等などの観点においても日本そして世界から注目される存在となりました。このコラムではそのようなことにも触れつつ、普段の暮らしについてもご紹介したいと思っています。





写真・文 : 吉田 みのり

関連記事

PICK UP