人生を楽しんでいる人が無意識に取り入れている「7つの習慣」とは

ライフスタイルのはなし

人生を楽しんでいる人が無意識に取り入れている「7つの習慣」とは

いつも楽しそうな人を見て「人生を楽しんでいていいな」と、何となくうらやましく感じることはありませんか? 自分も人生を楽しみたいと思う反面「今の状況では無理だよね」と諦めている人もいることでしょう。しかし人生を楽しんでいる人は、そもそも「人生を楽しもう」とは思っていないのかもしれません。

今日は、人生を楽しんでいる人が無意識に取り入れている習慣を7つご紹介します。年齢や環境に左右されることなく人生を楽しみたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

人生を楽しんでいる人が無意識にしている7つのこと

では早速、人生を楽しんでいる人が無意識に取り入れている習慣をご紹介します。

1.むやみに悩まず、変化を楽しむ

1つ目の習慣は、むやみに悩まないことです。

人生を楽しんでいる人は、いくら考えても答えが出ないことに悩みません。それよりも、今すべきことや今できることに注力します。

別の言葉に置き換えるなら「現状や自分自身を受け入れるのが得意」ともいえるでしょう。

さらに変化を楽しむ気持ちも併せ持つため、何が起こってもその場その場を楽しみながら生きられます。

2.どんな小さなことにも感謝する

どんな小さなことにも感謝をしながら生きる。これも、人生を楽しんでいる人が無意識に取り入れている習慣の1つです。

実は感謝をすることで、人は幸福感を得られます。その理由は、今の自分が恵まれていることを実感できるからです。

不満ばかりを口にする人と比べると、その差は歴然でしょう。

どんな小さなことにも感謝できる人は、1日に何度も幸福感を得られるため幸福感が持続します。その結果、毎日をとても充実した気分で過ごせるのです。

3.常に目標を持っている

人生を楽しんでいる人は、常に目標を持っています。

目標を持つことで生まれるのは、張り合いです。毎日をただ何となく過ごすのと目標に向かって努力をしながら過ごすのとでは、同じ1日でも充実感が異なります。

目標を持つことは、未来の自分ではなく今の自分が幸せになれる行為です。

人生が楽しくないと感じている人は、小さくてもいいのでぜひ何か目標を持ってみてください。きっと日々の充実感が変わりますよ。

4.よく笑い、ストレスを避ける

次に紹介するのは、よく笑う習慣です。人生を楽しんでいる人は、笑顔あふれる生活を送っています。

周りから見ると、自然と笑顔が増えているように見えるかもしれません。しかし実際は「楽しい」と思えることや「心地いい」と思えるものを、自ら探しているのです。

人生を楽しんでいる人はよく笑いストレスを避ける

また人生を楽しんでいる人は、ストレスを積極的に避けます。

例えば一緒にいることで不快な思いをしがちな相手とは距離を置いたり、苦手な家事を優秀な家電に手伝ってもらったりするのはストレスを避けるための行為です。

「幸せだから笑顔が多くなる」と思っている人は少なくありません。しかし実は反対で、笑顔が多い人ほど幸せになれます

人生を楽しみたい人は「どうすれば笑顔が増えるのか」や「どうすればストレスを減らせるのか」を、一度じっくり考えてみるといいですよ。

5.「人のためになること」をする

自分のためだけでなく人のために行動をすることも、人生を楽しんでいる人が無意識に取り入れている習慣の1つです。

実は自分が誰かの役に立っていることを実感できると、人は幸福感を得られます。

そのためボランティア活動や贈りものなどをする機会が多い人は、そういった機会が少ない人よりも充実した気持ちで人生を送れるのです。

また親切にすることで得られるのは、幸福感だけではありません。「情けは人のためならず」という言葉があるように、日頃から他人に親切な人は自分が困ったときにも助けてもらえます。

そして誰かに助けてもらったときは、きっとその相手にお返しをしたくなることでしょう。

このように、人のためになることをしているとその人の周りに好循環が生まれます。だからこそ、他人に親切な人ほど自然と人生が楽しくなってくるのです。

6.自分の気持ちに素直

自分の気持ちに素直でいることも、人生を楽しんでいる人が無意識に取っている行動といえます。

人生が楽しいとは、つまり自分の思い通りに生きられている状態です。当然のことながら、自分の気持ちをなおざりにしていては思い通りに生きられません。

その点、人生を楽しんでいる人は自分の気持ちや自分の時間を大切にしています。

したいことをして、付き合いたい人と付き合う。この行動を徹底しているからこそ、思い通りの人生を歩めるのです。

7.価値観の違いを認める

人生を楽しんでいる人は、価値観の異なる相手と出会っても否定したり正そうとしたりしません。「人は人、自分は自分」と割り切れます。

価値観が異なる相手を責めたり正そうとしたりするのではなく、ただそのまま受け入れる。これが、価値観の違いを認めるということです。

「人は人、自分は自分」と思えれば、その考えに同意できなかったとしても否定したり軽蔑したりする必要がありません。どうしても受け入れられないなら、その相手と距離を取ればいいだけの話です。

価値観の違いをも楽しむ余裕があることは、人生を楽しんでいる人の大きな特徴といえるでしょう。

ありのままの自分で生きれば人生は楽しい!

人生を楽しんでいる人は、常に自分軸で生きています。人からどう思われるかを気にしたり、勝ち負けや損得にこだわったりしません。その代わりに、自分が楽しいと思える場所や心地いいと思える空間をとことん追求します。

もしあなたが今の人生を楽しいと思えずにいるなら、あなただけの自分軸を見つけてみてはいかがでしょうか。他人の目を気にしなくなるだけで、人生観は大きく変わりますよ。

執筆:永瀬なみ(コラムライター・カウンセラー)

関連記事

PICK UP