花が枯れる経過も楽しむ。新しい視点の一輪挿し

インテリア雑貨

花が枯れる経過も楽しむ。新しい視点の一輪挿し

半歩先の「花のある暮らし」

部屋の中に花を飾ると暮らしが少し豊かになった感じますよね。でも、買ってきたままのきれいな状態を保つのは難しいもの。
お気に入りのお花屋さんでかわいいお花を買って飾ったのに、数日後にはしおれてしまうなんてこともありますよね。だけど、いつかは枯れてしまう儚さだって花の魅力のひとつ。

そんな魅力をさらに引き出してくれるのが、「+d(プラスディー)」のフラワーベース「フラワーマン ミニ」です。花がしおれていく過程さえも、愛おしくなるような新感覚の一輪挿しなんですよ。

切り花の持ちは季節によって変わる

切り花の持ちは季節によって変わる

切り花の日持ちは、花の種類や季節によって変わります。条件によっても異なりますが、一般的には春(4~5月)、秋(10~11月)なら1週間から10日ほど。夏(6〜9月)で4、5日、冬(12〜3月)は10〜15日程度持つと言われています。穏やかな気候の春・秋や寒い冬には長持ちしますが、暑い夏は早く枯れてしまうんです。

枯れてしまう原因は水不足

花を長く持たせるために重要なポイントはお水。でも、花瓶に水が入っているのに枯れてしまうケースもありますよね。これには2つの原因が考えられます。

【水揚げができていない】

「水揚げ」とは、切り花が導管から水を吸い上げることです。植物は根や葉から水分を取り込みますが切り花の場合は、それができないので茎にある導管から水を吸い上げています。しかし、そのためには「水切り」という作業をしてあげる必要があるんです。この水切りをしていなかったり、上手にできていないと枯れる原因になります。

【水替え不足】

もう一つは水替えが足りていないこと。水替え頻度が少ないとバクテリアが発生し、導管に詰まって水の吸い上げを妨いでしまいます。

花を長持ちさせる「水切り」とは?

切り花を長持ちさせるために、ほとんどの種類の花に欠かせない工程が水切りです。

用意するものは

・深さのあるバケツ
・よく切れる園芸用ハサミ
・水

の3つです。

バケツに水を注いだら、その中にお花の茎を水につけます。あとは水中でスパっと斜めに切るだけです。

水の中で切るのは導管が気泡で塞がってしまうのを防ぐため。切れ味の良いはさみを使うのは、導管を潰さず茎を切るためです。

花を長持ちさせる3つのコツ

花を長持ちさせる3つのコツ

花を長持ちさせるコツは3つあります。

【日々の手入れ】

できれば毎日、水切りと水替えをするのがおすすめです。特に暑い夏は毎日替えないとすぐに水がにごってしまいます。春、秋なら3〜5日に1回、冬なら5〜7日に1回程度水を替えるとよいでしょう。バクテリアの発生を防ぐために、茎や花瓶についたヌメリもきれいに落とします。

【置き場所】

場所は3つの以下の条件が揃っているところに置くのがベストです。
・エアコンの風が直接当たらない
・直射日光が当たらない
・風通しがいい

【花保ち剤】

お花屋さんやホームセンターで入手できる「花保ち剤」は、花の美しさを保つために必要な栄養分やバクテリアの発生を抑える成分が入っています。
むやみに使うのではなく、使用方法をきちんと守って使うことが大切です。

枯れかけた花に新しい命を吹き込む。ユーモアたっぷりのフラワーベース

枯れかけた花に新しい命を吹き込む。ユーモアたっぷりのフラワーベース

花が枯れかけたら、すぐ捨てるという方も多いかもしれません。これからは「萎れる」という過程も楽しんでみませんか。
フラワーマン ミニは、新しい花の楽しみ方を教えてくれるフラワーベース。人の体を模した一輪挿しで、花を頭に見立てて飾ります。花が枯れていくと、頭うつむききれいに咲いている花とはまた違った面白い表情になるんです。

礼儀正しい花たちとの暮らし

フラワーマン ミニには、3つのタイプがあります。

【レイザ】

まるで座りながらお辞儀をしているようなフォルムの「レイザ」

まるで座りながらお辞儀をしているようなフォルムの「レイザ」。きちんとそろったお行儀の手足が、なんだか可愛いんです。花が枯れると、頭を下げているように見えます。

【セイザ】

背筋をピンと伸ばして、お行儀よく座っているのが「セイザ」

背筋をピンと伸ばして、お行儀よく座っているのが「セイザ」です。花と組み合わさると、ユーモアたっぷりのフォルムになり、思わず微笑んでしまいそう。

【アンザ】

足を組み、あぐらをかいているのが「アンザ」

足を組み、あぐらをかいているのが「アンザ」。まるで花が悟りを開いたように見えます。全体的にまるっとしたボディを見ていると、心が和みそうです。

場所を選ばずどこでも置けるミニサイズ

場所を選ばずどこでも置けるミニサイズ

小さくて、軽いからどこにでも置けるのも魅力。毎日水切りして短くなってしまった花を活けたり、庭に咲いた小さな花を活けたりしても絵になりますよ。

内側はつやのある釉薬仕上げで汚れがつきにくく、お手入れも簡単

内側はつやのある釉薬仕上げで汚れがつきにくく、お手入れも簡単です。スポンジに中性洗剤をつけて優しく洗ってあげてください。

ギフトにおすすめなセットも

「アンザ」「セイザ」「レイザ」がボックスに入った3種セットもあります。一緒に飾るとひとつだけ飾ったときとはまた違った表情に。まるで3人が楽しく過ごしているように見えて、インテリアとしても映えますよ。大切なあの人へのプレゼントにもおすすめです。

日常に幸せ与えてくれる小さな一輪挿し

日常に幸せ与えてくれる小さな一輪挿し

フラワーマン ミニの丸みをおびたフォルムは、デフォルメしながら人体の構造をきちんと考えてデザインされています。
実は、ゆるい造形のようで姿勢がとてもいいんです。きちんとした姿勢でこちらを見つめる花たちはまるで、こちらの話を真剣に聞いてくれているようにも見えます。一層愛着が湧いて、1日でも長持ちしてほしいという気持ちになり水替えも毎日できるかもしれませんね。
部屋のいろいろなところに飾って花との新しい生活を楽しみませんか。

関連記事

PICK UP