子育て後の再出発に!自分に合う仕事の探し方を4つのステップで紹介

ライフスタイルのはなし

子育て後の再出発に!自分に合う仕事の探し方を4つのステップで紹介

子育てが一段落した頃「これからは自分のために生きてみたい」と思い始める女性は少なくありません。中には「これを機に仕事を見直してみよう」と考える女性もいることでしょう。

そこで今日は、今の自分に合う仕事の探し方をご紹介します。これまで子どもとの生活を優先してきた人は、ぜひ参考にしてみてください。

自分に合う仕事の探し方!4ステップで考えよう

自分に合う仕事を探したいと思ったときは、次の4ステップで考えるのがオススメです。

ステップ1.本当に合う職種は何?適職診断をしてみよう

自分に合う仕事を探す第一段階として、まずは適職を知ることから始めてみましょう。

子どもの成長を機に仕事を見直したいと考えるのは、今の仕事や働き方に何かしらの違和感を覚えているからではありませんか?

そこでオススメしたいのが、適職診断です。

自分の適職を知れば、違和感を覚えているのは今の仕事が合わないからなのか、それとも働き方が合わないからなのかをハッキリさせられるかもしれません。

インターネットで調べると短時間で簡単に診断できるサイトがたくさん出てきますので、いくつかのサイトでチェックしてみてください。

不思議なもので、複数の診断で似たような結果が出る場合は少なくないものです。

もし複数のサイトで結果が重複していたら、それがあなたに向いている職種と考えてOK。これまでは興味のなかった職種でも、前向きに検討してみる価値はあるでしょう。

ステップ2.今の自分に合う仕事の条件を考えてみよう

向いている職種が分かったら、次は仕事の条件を考えるステップです。

これまでは子どもとの生活が一番だったかもしれませんが、これからは違います。自分が本当に大切にしたいものは何なのか、じっくり考えてみましょう。

条件を考えるときは、過去の退職理由が参考になります。

あなたがこれまでに退職した理由を、3つほど挙げてみてください。もしその退職理由が子どもに関係ないものだったなら、それがあなたの大切にしたいもの(つまり価値観)かもしれません。

子どもに関係があるものとは、例えばこんな理由です。

・残業が多い、時短勤務に対応してもらえない
・早退や遅刻を快くさせてもらえない
・通勤時間が長い(帰宅時間が遅くなる)

当然のことながら、ワーキングマザーは育児&家事と仕事を両立させる必要があります。そのため仕事自体は好きだとしても、条件が合わなくて泣く泣く退職するケースは少なくないものです。

一方、子どもに関係のない退職理由には、こんなものがあります。

・仕事が楽しくない
・サービス残業が多い
・人間関係に疲れた

これらの理由には、もしかするとこういった心理が隠れているのかもしれません。

・やりがいのある仕事をしたい
・働いた分の対価は絶対に欲しい
・あまり人と付き合いたくない

このように過去の退職理由に注目してみると、仕事をする上で自分は何を大切にしたいのか(価値観)が見えてきます。

子育て後の再出発に自分に合う仕事を探すなら次は今の自分に合う仕事の条件を考えてみよう

育児と家事に関係のある理由は、今後おそらく条件からは外れるハズです。

子どもが自立した後の生活を想像しながら、これからのワークライフバランス(※)を実現できる条件について考えてみてくださいね。

※ワークライフバランスとは……ワーク(仕事)とライフ(私生活)を両立させること

ステップ3.「ライスワーク」と「ライフワーク」の違いを知ろう

続いてのステップは、“ライスワーク”と“ライフワーク”について知ることです。

ライスワークとは、ライス(ご飯)を食べていくために働くこと。それに対してライフワークとは、一生をかけてする仕事のことです。

ライスワークが“稼ぐこと”に重きを置いているのに対して、ライフワークでは“熱意を持って取り組むこと”に重きを置いています。

つまり仕事には、稼ぐ以外の目的を持っていいということです。

例えば、これらの気持ちを満たすためにライフワークを探す人は少なくありません。

・知的好奇心や探究心を満たす
・創作意欲を満たす
・奉仕意欲を満たす

もしこれまで稼ぐことだけを目的として働いていたなら、これからは稼ぐ以外の目的を探してみてはいかがでしょうか。先ほど書き出した退職理由をヒントにすると、自分の幸福度を上げるために本当に必要なものを知れるかもしれませんよ。

ステップ4.パラレルキャリアの可能性を探ってみよう

最後は、パラレルキャリアの可能性を探るステップです。

パラレルキャリアとは、2つ以上のキャリア(本業)を並行すること。複業とも呼びます。

もし「したい」と思う仕事が2つ以上あるなら、無理にどちらかを捨てる必要はありません

例えばライスワークはライスワークとして置いておき、手始めに副業としてのライフワークを始めてみるのはいかがでしょうか。時間をかけて上手に進めれば、新たなキャリアを形成できる可能性は十分にあります。

これまでは時間に追われる生活だったかもしれません。しかし子どもが自立すれば、きっとそんな生活も終わるでしょう。

空いた時間を自分のライフワークに費やすのは、人生の再出発にピッタリな時間の使い方です。今後の人生を思いっきり楽しみたいと思う人は、ぜひパラレルキャリアの可能性も探ってみてくださいね。

自分に合う仕事は「心」に従うことで見えてくる

今日は、自分に合う仕事を探す方法として4つのステップをご紹介しました。

子どもの自立を機に仕事を変えたいと思うなら、ぜひご自身の気持ちに注目して選んでみてください。時間や働き方の制限がなくなれば、思いも付かなかった仕事と出会える可能性があります。

本当は好きだけど我慢していたことや、本当はしてみたかったけど諦めていた仕事があるなら、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ライフワークが見つかることで、今後の人生が想像以上に輝き始めるかもしれませんよ。

執筆:永瀬なみ(コラムライター・カウンセラー)

関連記事

PICK UP