テレワーク中に同僚・後輩・新入社員との信頼関係を築くコツ6選

ライフスタイルのはなし

テレワーク中に同僚・後輩・新入社員との信頼関係を築くコツ6選

テレワークが始まり、同僚たちとの信頼関係を築きにくいと感じていませんか? 特に入社したばかりの 社員とは、同じ社内にいてもコミュニケーションを取るのは難しいものです。とはいえ一緒に仕事をするなら、なるべく早い段階で信頼関係を築きたいですよね。

そこで今日は、信頼関係を築きたい人に取り入れてほしいコツを6つご紹介します。テレワーク中のリモートコミュニケーションでも心掛け次第で信頼関係は築けますので、ぜひ参考にしてみてください。

テレワーク中に信頼関係を築くコツ6選

テレワーク中に職場の人たちと信頼関係を築きたければ、これから紹介する方法をなるべく多く取り入れてみてください。

1.意識して相手の名前を呼ぶ

テレワーク中に職場の人たちと信頼関係を築きたければ、事あるごとに相手の名前を呼ぶ方法がおすすめです。

例えば、単に「おはよう」とあいさつをするのではなく「○○さんおはよう」とあいさつをします。すると不思議なことに、名前を呼ばれた相手は何となくうれしく感じてあなたに親近感を覚えるのです。

これは、心理学でいうところの“自己是認欲求”が満たされるからだと考えられます。

自己是認欲求とは、人に認めてもらいたい・好かれたいと思う心理のこと。名前を呼ぶほかに、話をしっかり聞くことや見つめることでも自己是認欲求は満たされます。

お互いに親近感を抱くためにも、メッセージやWeb会議などで会話をするときは相手の名前を少し多めに呼ぶよう意識してみてください。きっと信頼関係を築きやすくなりますよ。

2.相手の文章・反応・テンポをまねる

相手の行動やテンポをまねすると、似たもの同士であるように感じてお互いに親近感を抱きやすくなります。

これは、心理学でミラーリングと呼ばれる方法です。

例えば相手がメッセージの文末に「!」を使うタイプなら自分も「!」を使い、相手がゆっくり話すタイプならあなたもゆっくり話します。こうした行動により、あなたとメッセージをしたり会話をしたりすることに相手は心地よさを覚えるのです。

テレワーク中に職場の人と信頼関係を築きたければ、ぜひオンラインツールによるやり取りでもミラーリングを意識してみてください。

3.話を最後まで聞く・否定しない

話を最後まで聞くことも、信頼関係を築く方法の1つです。

頭の回転が速い人ほど、相手の話を最後まで聞かずに反応してしまいがち。ですが頻繁に相手の話を遮ると、信頼を得るどころか逆に不信感を抱かれる可能性すらあります。

信頼関係を築きたければ、相手の話は最後まで聞くよう心掛けてみてくださいね。

そして相手の意見を否定しないことも、信頼関係を築く上では大切なポイントです。

たとえ相手の意見が間違っていたとしても、まずは相手の意見を受け止めることを心掛けてみてください。どうしても否定しなければいけないことだとしても、いったんは受け止める姿勢が大切です。

その上で「私はこう思うんだけど、どう思う?」と意見交換を求めれば、相手は自分の意見を否定されたように感じないでしょう。

信頼関係を築くには、お互いに心地よいと感じられるコミュニケーションを取れている状態が必要不可欠です。

・相手の話を遮らずに最後までしっかり聞くこと
・相手の意見を否定しないこと

テレワーク中に電話やビデオ通話で話す機会があったら、この2つをぜひ心掛けてみてください。

4.「見ている」ことを伝える

信頼関係を築くコツ「見ている」ことを伝える

次にご紹介するのは、相手に“見ている”ことを伝える方法です。

なにもストーカーのように視線を送ろうというわけではありません。相手の努力を陰ながら見て応援していると分かるように、しっかり言葉で伝えるのです。

例えば「いつもがんばってるね」や「昨日も遅くまで作業してたでしょ? いつもお疲れさま」などと声を掛ければ、きっと相手は喜んでくれます。

疲れているように見えるときや元気がないと感じるときなどは特に、応援やねぎらいの言葉を掛けてあげてください。「この人だけは見ていてくれる」と思ってもらえれば、あなたへの信頼度がグッと増すはずですよ。

5.誰に対しても悪口を言わない

これから信頼関係を築く段階では、どんな小さなことであっても悪口や陰口は控えることをおすすめします。

女性は特に、共通の敵を作ることで仲が深まるケースも少なくありません。しかしまだ信頼関係を築けていない段階では、陰口を言われている人よりも言っている人に対して悪い印象を抱く可能性が高いのです。

これから信頼関係を築いていきたいなら、悪口や陰口は控えるよう心掛けてみてください。

6.適度な距離感を保つ

最後に紹介するのは、距離感を保つ方法です。

テレワーク中の距離感とは、物質的な距離ではなく心の距離を指します。具体的には、どこまで踏み込むかを判断すること=適度な距離感をつかむ行為といえるでしょう。

例えば次の行為は、距離を縮めるどころか逆に距離を置かれてしまう可能性があるため注意が必要です。

・急にタメ口で話し始める
・プライベートなことをズバズバ聞く
・相手を傷つけるような冗談を言う

心の距離は、信頼関係を築き上げることで自然に縮まっていきます。しっかりとした信頼関係が出来上がるまでは、適度な距離感をキープするよう心掛けてみてくださいね。 

信頼関係を築きたいなら焦らずじっくり取り組もう

今日はテレワーク中に信頼関係を築きたい人へ、取り入れてほしいコツを6つご紹介しました。

信頼関係を築きたいなら、距離を縮めることよりも信頼関係を築くことに注力するのがベストです。信頼関係は1日や2日ですぐに築けるものではなく、たとえテレワーク中でなくても築き上げるには時間がかかります。

しっかりとした信頼関係を築くためにも、ぜひ時間をかけてじっくり取り組んでみてくださいね。

執筆:永瀬なみ(コラムライター・カウンセラー)

関連記事

PICK UP